FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】ベラルーシ代表vsスペイン代表(EURO2016予選)

EURO2016予選第6節
(会場 : ボリソフ・アレーナ)
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ベラルーシ代表0 - 1スペイン代表
【GOAL】
0 - 1 (45分)

スペイン代表 : シルバ







・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(ベラルーシ代表)
GK:ゴルブノフ(22)
DF:マルティノヴィッチ(3)、シトフ(4)、ボルダチェフ(19)、フィリペンコ(21)
MF:ヴォロジコ(13)、キスリャク(15)、ネハイチク(17)、マエフスキ(18)
FW:コルニレンコ(8)、フレブ(10)

(スペイン代表)
GK:カシージャス(1)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、フアンフラン(16)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、セスク(10)、カソルラ(20)
FW:モラタ(7)、ペドロ(11)、シルバ(21)


・両チーム初期フォーメーション

20150615formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20150615sub1.png











・試合レポート:「1点差勝利で予選4連勝」

 グループ3位のウクライナと3ポイント差の2位でEURO2016予選の後半戦を迎えたスペイン代表。アウェーでの勝ち点3獲得を目指して試合に臨むが、“シュートまで至りながらも肝心の得点が奪えない”という状況が続く。

 ビセンテ・デル・ボスケのチームが試合をようやく動かしたのは45分。セスク・ファブレガスのペナルティエリア左横でのFKがGKの飛び出しを誘うと、GKが触れずに流れたボールをファーで拾ったダビド・シルバが、この予選3ゴール目となるゴールを左足で蹴り込んで、0‐1。

 終盤のゴールで均衡を破った“ラ・ロハ”は、ベラルーシ代表にシュートを1本も打たせることなく前半を終了。1点リードで後半を迎える。


【守護神の好セーブがチームを救う】

 前半を被シュート0本で終えたスペイン代表だったが、49分にアレクサンドル・フレブのスルーパスからのセルゲイ・コルニレンコの飛び出しを許し、試合最大のピンチを迎える。しかし、ここで立ちはだかったのが、主将のイケル・カシージャス。コルニレンコが放ったシュートを右足1本でセーブし、同点のピンチを防ぐ。

 更に“ラ・ロハ”の守護神は、62分にもイヴァン・マエフスキの思い切りの良いミドルシュートを横飛びでセーブ。チームの1点のリードを死守する。

 キャプテンの働きと相手のシュートミスもあって、1点差で試合を進めたスペインは、ビトロやイスコ・アラルコンを投入して追加点を狙いに行くが、84分のシルバの決定的なシュートがGKの好セーブに阻まれるなど、点差の拡大はできず。しかし、5分間の後半アディショナルタイムでも相手の同点ゴールを許すことはなく、0‐1で試合終了に到達し、予選4連勝を達成した。

 3位ウクライナも勝利し、スペインとの勝ち点差は3ポイントのまま。一方で、首位のスロバキアは開幕6連勝を飾り、勝ち点差3ポイントのままで次節のスペインホームでの直接対決を迎えることになっている。





・グループC順位表(第6節終了時点)

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
本戦 1 スロバキア6600134+1018
 2 スペイン6501153+1215
PO 3 ウクライナ640292+712
 4 ベラルーシ6114411-74
 5 マケドニア 6105614-83
 6 ルクセンブルク 6015317-141









関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ