FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【デル・ボスケ】ベラルーシ戦後会見まとめ(2015年6月14日)





ビセンテ・デル・ボスケ(スペイン代表監督) :ベラルーシ戦後会見まとめ


【ベラルーシ戦を終えて】

「選手たちは長いシーズンを終えて、やるべきことを妨げないようなコンディションで代表に合流し、膨大な努力をしてくれた。数選手はCLの決勝も戦っていたわけだが、選手たちがここ数日で見せてくれた振る舞いについては、今日の後半以外の部分は満足しているよ」

「最後の部分の精度が欠けていたが、ポジティブな視点で見るなら、我々は試合のコントロールができていたと言える。ただし、相手にリズムを奪われた後半の序盤を除けばだが」

「後半序盤の我々は少し怠慢な状態にあった。相手は積極的に来ていたし、相手にチャンスがあったのは事実だ。ただ、勝利という結果は我々のこの試合での戦いぶりに相応しいものであるし、3ポイントを奪えたことで、我々は予選突破に向けて良いポジションにいることができていると言えるよ」

「我々に欠けていたのは、トランジションと攻撃面における積極性だけだ。それ以外の大体のことはそんなに悪くはなかったと考えている」







【コケの欠場について】

「もしコケを起用すれば、君たちはプレーしていない選手のことを聞くのだろう」


【出場権争いについて】

「我々を含めた3チームが2つのストレートインできる枠を争っていて、下位チームとの試合で勝ち点を逃すことは、命取りとなる可能性がある。我々はアウェーでベラルーシに勝利したわけであり、予選突破に向けて一歩前進したと言えるだろう」

「スロバキアとの次節の試合は全てを捧げるべき試合だ。現時点でスロバキアは全勝しており、ウクライナも総勝ち点を12に伸ばしている。この事実を無視することはできないんだ」


【指揮試合数の100試合到達について】

「ここまでの道のりは、良いことや悪いこと全てが詰まった長い旅と言える。未来で我々を待っているものが良いものであることを願っているよ」







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ