FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合レビュー】ウクライナ代表vsスペイン代表(EURO2016予選)

EURO2016予選(会場 : オリンピスキ[キエフ] )
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ウクライナ代表0 - 1スペイン代表
【GOAL】
0 - 1 (22分)

スペイン代表 : マリオ・ガスパール








・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(ウクライナ代表)
GK:ピアトフ(12)
DF:クチェル(5)、シェフチュク(13)、フェデツキー(17)、ラキツキー(20)
MF:ステパネンコ(6)、ヤルモレンコ(7)、コノプリャンカ(10)、ロタン(14)、ガルマシュ(19)、
FW:クラヴェツ(22)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(12)
DF:アスピリクエタ(2)、エチェイタ(14)、ナチョ(15)、マリオ・ガスパール(17)
MF:サン・ホセ(6)、チアゴ(8)、セスク(10)
FW:アルカセル(9)、ノリート(19)、イスコ(22)


・両チーム初期フォーメーション

20151013formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20151013sub1.png











・試合レポート:「デビュー選手のゴール、デ・ヘアの活躍もあり、8連勝で予選締め括り」

 既に本戦出場を決め、代表での100試合出場達成となったセスク・ファブレガス以外、ルクセンブルク戦のスタメンからほぼ全員を入れ替えた11人で予選最後の試合に臨んだスペイン代表。開始15分には、本戦へのストレートインに向けて勝利が必要なウクライナ代表に立て続けに決定機を作られるも、このピンチをGKダビド・デ・ヘアの連続好セーブで回避すると、22分に先制に成功する。

 ノリートのスルーパスでペナルティエリア内左深くに侵入したチアゴ・アルカンタラが、折り返しのボールを送ると、ファーにフリーで入って来ていたマリオ・ガスパールがそのボールを頭で叩き込み、0‐1。

 代表デビュー選手の初ゴールで試合の均衡を破ったスペインは、その直後にセスクがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。しかし、セスクが自ら蹴ったPKはGKアンドリー・ピアトフの好セーブに阻まれ、追加点獲得とはならない。試合はそのままスペインの1点リードで前半を折り返す。


【堅実交代で逃げ切り】
 
 後半に入ると、55分にはスペインらしい巧みなパス回しからミケル・サン・ホセがネットを揺らすも、直前でファールがあったと判断され、追加点は認められず。一方のウクライナも、その3分後に右クロスからのガルマシュのシュートでスペイン・ゴールを襲うが、再びデ・ヘアが好セーブを披露し、同点弾を許さない。

 以降もホームチームの攻めを受けるシーンが目立ったスペインは、75分にノリートに代えてジョルディ・アルバを、85分にパコ・アルカセルに代えてセルヒオ・ブスケツをそれぞれ投入するという、堅実的な交代策を実行。その後もディフェンディングサードへの侵入を許すシーンはあったものの、失点は0に抑え、“8節連続無失点での8連勝”を達成しつつEURO予選を締め括った。





・グループC最終順位表

順位チーム試合勝利分け敗北得点失点得点差勝ち点
本戦 1 スペイン10901233+2027
 2 スロバキア10712178+922
PO 3 ウクライナ10613144+1019
 4 ベラルーシ10325814-611
 5 ルクセンブルク 10118627-214
 6 マケドニア 10118618-124










関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ