スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「ラージョとの試合は常にとても難しいものだ」(バルセロナvsラージョ:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【国王杯の抽選結果について】

「抽選の結果を目にしたばかりであるし、相手をよく知っていると言うことはできない。我々は情報を収集し、彼らとの対戦を目の前にした時に彼らのことを考えることになるだろう。現在の我々にとって重要なのは、ラージョとの試合なんだ。我々はイニエスタとチャビが出ていた昨シーズンの試合の再現を狙って行くが、新たな解決策を探す必要に直面している。ラージョとの試合は常にとても難しいものなんだ」


【スペイン代表監督就任への意欲について】

「代表監督になってみたいという気持ちは強く存在している」


【マスチェラーノについて】

「彼やブスケツのように出場時間が多い選手が数人いて、私は彼らに休養を与えるタイミングを見計らっているが、今回がそれに相応しいタイミングだとは見ていない。彼を含めたメンバーで試合に臨むよ」


【ルイス・スアレスについて】

「彼はプレーできる状態にある」


【メッシについて】

「私が彼について望んでいるのは、しっかり怪我を治してくれることだ。特定の試合に間に合うということではなくね。彼へのプレッシャーが存在するというのは、単なる噂に過ぎないよ。アルゼンチンサッカー協会もバルセロナも彼の回復を心配しているし、マルティーノも私もメッシ本人と同様にしっかり怪我を治してくれることを祈っているんだ」


【選手の状態について】

「ヴェルマーレンとアドリアーノは起用可能な状態にある。イニエスタは復帰に向けた最終段階に達していて、一方ラフィーニャはリハビリを始めている段階だ。また、代表チームに参加した選手たちの状態はとても良いと言える」

「我々はこうした状況に慣れているし、新たな何かを今更準備することはできない。理想的な状態というものは存在しないし、全てを“やって来るもの”として迎え撃たなければならないんだ」


【チームの経済状況と補強について】

「“補強が可能かどうか”について私に何かを言ってきた者は誰もいない。我々は夏の段階から解決策を探して動いているが、その内容を明かすことはしないよ」


【ムニルについて】

「彼はサンドロと同様に良くやっていると見ている。彼はクオリティのある選手だ。もっとやれる能力があるのは確かだが、我々は彼に無理強いをすることはできないし、現段階の彼はプレッシャーのない状況に置かれるべきなんだ」


【ラージョとの試合に向けて】

「我々が上手くポゼッションできない場合は、彼らが我々からボールを奪うこともあり得る。守備陣のパフォーマンス、ボール保持、スペースの生成が試合の鍵となるだろう。簡単な試合のように思われているかもしれないが、難しい試合になり得るのは間違いない。我々は落ち着きを持って、しっかりとやるべきことを果たさなければならないんだ」


【ラウールについて】

「時間というのは皆平等に過ぎて行くものだ。私はこの先の未来も彼がサッカーとの繋がりを保ち続けると確信している。今は残りの選手生活を楽しんでもらいたいね」











パコ・ヘメス(ラージョ・バジェカーノ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「彼らと対等に戦い、ポゼッションで彼らを上回ることを私は夢見ている」

「良いプレーと勝利への意欲を持って、我々はピッチに向かわなければならない。結果に関わらず、チームの働きを祝うことができることを私は願っているよ」

「私はこのチームが相手のゴールを目指し、チャンスを作ることができると信じたい。この試合は楽しむためにある試合なんだ」

「カンプ・ノウで良い試合ができれば、我々は他の多くの試合で勝利する力を持つチームであるという価値や評価を得ることができる。世界中が我々の勝利を期待しているかもしれないが、それは困難なことだ。ただ、それでも我々はできる限りのことをやって行くつもりでいる」

「ホアキン・カパロスが“カンプ・ノウに行くことは、歯医者に行くようなものだ”と言っていたが、我々はワニより多い本数の歯を持っており、例え6、7本抜かれようとも、シーズンを乗り切れるだけの歯がある。カンプ・ノウで起こり得ることを、我々は恐れたりしないんだよ」


【メッシの不在について】

「メッシはかけがえのない選手だ。バルセロナに他にも良い選手がいるのは確かだが、メッシを超える存在はいない」

「我々は、彼の不在を我々にとっての小さなアドバンテージに変えられるように試みて行くいつもりだ。ただ、それに伴って我々がプレーのアイデアを変更するということは有り得ないだろう」


【チーム状態について】

「チームの心理状態については心配していない。通常、不安というものは自信の無さから生じるものなんだ。現在より良い練習を行うことは不可能であるし、その事実は私に落ち着きをもたらしてくれているよ」








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ