スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「ヘタフェでのプレーは常に難しいものだ。しかし、データは打ち破るためにある」 (ヘタフェvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







フラン・エスクリバ(ヘタフェ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「彼らがボールをコントロールしている時は、我々は強く耐えなければならない。しかし、我々がボールを持っている時は勇敢になるべきであるし、ボールを使って何をするべきかをしっかり把握している必要がある。我々は勇敢なチームでなければならないし、攻めなければならないんだ」


【A・バスケスについて】

「この試合の出場の可能性が完全にないわけではない。リスクを冒すべきかどうかの決断を下す必要があるんだ」


【狙う結果について】

「私は引き分けを目標に設定している監督を1人も見たことがない。今回はホームでの試合であるわけで、我々にも勝利のチャンスはあるんだ。バルサと引き分けるというのは素晴らしい結果であるが、我々は勝ちに行くんだ」


【相手の欠場者について】

「イニエスタはプレーすると思う。一方で、彼らにはメッシという代わりのいない大きな欠場者がいるわけだが、彼が負傷しているということは残念なことだ。また、今がバルサと対戦するのに良いタイミングと言えるかどうかは、我々次第だと言える。セビージャでの試合のように、我々がインテンシティのない試合を演じれば、チャンスは皆無となってしまうんだ」


【ルイス・エンリケについて】

「これからバルサが素晴らしいシーズンを過ごすこと、これからルイス・エンリケが選手たちのパフォーマンスを上手く引き出すこと、そして、彼らが全てのタイトルにおいて最後まで争いを繰り広げつづけることについて、私は何の疑念も持っていない。彼は素晴らしい監督であり、そのことを彼は既にセルタやローマで示して来ているんだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ヘタフェとの試合に向けて】

「ヘタフェとの試合は我々にとっての良い試練と言える。いつものエスクリバのチームと対戦できることを期待しているよ。良い守備とクオリティのある攻撃ができるチームなんだ」

「ヘタフェでのプレーは常に難しいものだ。しかし、データは打ち破るためにある」


【イニエスタとS・ロベルトについて】

「イニエスタとセルジ・ロベルトはプレーから遠ざかっていたわけで、100%の状態ではないが、スタメン出場か途中出場する可能性はある」


【アドリアーノについて】

「我々は彼のレベルとパフォーマンスを把握している。彼はチームにおけるベテランと言えるし、素晴らしいパーソナリティを持っている選手なんだ」


【ドウグラスについて】

「素晴らしいメンタリティの持ち主だが、運がなかったと言えるよ」


【クラシコについて】

「我々の大きな目標はリーガ制覇であり、3ポイント差でクラシコを迎えることではない。また、直近の目標はヘタフェ戦勝利とプレーの向上だ。クラシコは興味が惹かれる試合であるが、その結果がリーガの行方において決定的なものとはならないと言える。まだ多くの試合が残っているのだからね」


【パトについて】

「彼についての評価を下すことはできない。私はブラジルリーグを追っかけてはいないんだ」


【サンドロとムニルについて】

「サンドロとムニルは良い働きをしてくれている。私は満足しているが、向上の余地があるのも確かだよ」








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ