スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL15-16GS第4節水曜開催分】スペインクラブ監督前日会見まとめ
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督):BATEボリソフ戦前日会見まとめ


【セルジ・ロベルトについて】

「私は彼を何年も手元で見て来ている。彼が代表に呼ばれるなら、それは素晴らしいニュースと言えるだろうが、現状では難しいと言えるよ」


【メッシについて】

「彼についての目立ったニュースはない。レオの回復は、通常の外側靭帯の回復過程の通りに進んでいるんだ。マイナスなニュースは全く存在していないよ」


【レアル・マドリードvsPSGについて】

「妻が外食に行きたいと思っているなら、私は外食を優先する。試合を見られないなら、録画するつもりだ」


【レンタル中のハリロヴィッチについて】

「彼は最高の場所にいると言えるし、幸運を掴んでいる。彼にとって今シーズンは素晴らしいシーズンとなるかもしれないね。ただ、バルサのトップチームでプレーするには、向上を継続して行く必要があると言える」


【L・スアレスとネイマールの温存の可能性について】

「明日の目標はあくまでBATEボリソフに勝利することだ。」


【州旗問題について】

「観客が我々のサポートをしてくれることは明らかだ。我々にとって興味があるのは、そのことだけなんだ」


【ハロウィン騒動について】

「土曜日に起きたことは、我々が素晴らしい試合をして、0‐2で勝利をしたという事実だけだ。それ以上のことは、サッカーのサーカスだったと言えるだろう。選手たちは声明を出し、既に何がしたかったのかは明らかになっている。我々はどんなポジティブなこともネガティブに変わる場所にいるんだ」


【BATEとの試合に向けて】

「勝利できれば、それはかなりポジティブな結果と言える。我々は試合の難しさに目を向け、勝利を得ることだけに集中している」

「我々のCLにおける第一の目標はグループステージの突破を決めることで、その次に首位通過という目標がある。我々はグループの首位を維持する準備ができているんだ」











ヌーノ・エスピリト・サント(バレンシア監督)前日会見まとめ


【ゲントとの試合に向けて】

「我々が唯一分かっていることはマットンが欠場するということだけだ。それ以外のことには注意する必要がある」

「戦う前から相手が良いチームであることは分かっていた。彼らは自国リーグの首位チームであり、強いチームなんだ。特にホームではね。彼らのクオリティの高さには全く驚いていないよ」

「試合はオープンなものになるだろう。我々も相手もゴールを奪うことを試みるはずだ」

「前回の対戦での我々は、得点の効率性の面では良くなかったが、チャンスの生産性の面では良いものを見せていたと思う。特に前半の我々はその面で良かったと言えるだろう。今回の試合ではその生産性の向上を試みて行くよ」


【ホームゲームとアウェーゲームについて】

「我々は常に同じチームであろうとしているが、実際のところ、ピッチという側面が常にプレーに影響を与えているのは間違いない。特に私が監督に就任してからのリーガでの戦いがそうであり、メスタージャでは1度しか負けていないんだ」


【勝利という結果について】

「この試合での勝利は、チームにとってもクラブにとってもプロジェクトにとっても大切だと言える。3連勝を飾ることができれば、次のステージがかなり近いものになるんだ。それができれば、それは明らかな成長の証拠となると言えるだろう」


【フェグリについて】

「出場に向けた決断を下すために、練習に注目することになる」


【批判について】

「誰かが自分の働きに不満を持っているのが分かった時、人は傷つくものだが、私は状況の改善と好転だけを狙っている。選べるなら私は今回の試合もホームでプレーしたいんだ」


【ネグレドの立場について】

「チームの全ての選手が私にとっての選択肢となっている。選択肢から漏れている選手は1人も存在しないよ。私は彼らの最高のパフォーマンスを引き出そうとしており、チームを強くて勝利できるチームにするためには、分析や評価を行うことが監督にとっての義務なんだ」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ