スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ:「メッシの離脱を経てチームは一回り大きくなった」(バルセロナvsビジャレアル:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ビジャレアルとの試合に向けて】

「ビジャレアルとの試合は難しい反面、魅力的な試合となることが多い。我々はしっかりチャンスを生かして行かなければならない」


【メッシについて】

「最悪なのは故障が再発することだ。我々としては彼の順調な回復だけを願っているよ」

「彼がいた方がよりチームが強くなるのは間違いない。ただ、メッシの不在を経てチームは一回り大きくなり、そこに結果も付いて来ているんだ」


【セルジ・ロベルトについて】

「複数のポジションでプレーできる選手はいくらでも存在するが、彼は前線、中盤、最終ラインの3つのポジションでプレーができる選手なんだ。彼は卓越した戦術眼を持っていると言えるし、監督にとって、そうした選手の存在は常に大きいんだ」


【負傷者について】

「負傷の多くが選手同士の衝突によるものであり、それに対して我々ができることは何もないんだ。こうした負傷者の発生はどんなチームでも起こり得ることと言える」


【クラシコについて】

「選手全員が起用可能な状態となることが望ましいが、プレーできるのは完璧なコンディションにある者だけなんだ」


【守備陣について】

「現在は良好な時を迎えているが、改善すべき部分もあるのは確かだ。あらゆる部分が向上の余地を持っていると言えるよ」


【ポルト・アベントゥーラ(テーマパーク)の訪問について】

「我々にとって、家族帯同での訪問は新たな形の練習と言える。家族というのは選手にとっての基礎部分であるし、我々はテーマパーク側のサポートを感謝しているよ」











マルセリーノ・ガルシア・トラル(ビジャレアル監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「バルセロナに勝つためには、明日を我々にとっての最高な日としなければならない。チャンスの数は相手より多くならないだろうし、効率性が最も重要な要素となるだろう」

「彼らには最も決定的な仕事ができるメッシがいないが、それでも、それぞれ8000万ユーロ以上の金額をかけて獲得された2人のFWがいる。彼らの存在により、相手はどんな対戦相手も上回ることができる力を持っていると言えるし、我々は彼らに注意を払う必要があるんだ」

「現在の我々と同様に彼らの選手層は厚くないわけだが、相手はそんな選手層でもより容易に勝利を手に入れられるチームと言える」


【相手の守備について】

「彼らは守備の部分でシーズン序盤に苦労を強いられていたと思うが、現在の彼らの守備は徐々に安定してきていると言えるだろう。かなりの改善があったと感じているよ。彼らはよく組織されたチームとなっているが、彼らの守備組織に問題が起こせるように試みて行くつもりだ」


【ELの試合の影響について】

「木曜日の試合でのハードワークの影響があるかどうかは分からない。連続で出場している選手を中心に、どのように試合に臨めているかを見なければならないね。最高の状況ではないのは明らかだが、たとえ休みが少なくてもELに参加している方が良いんだ」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ