スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】シンガポール代表vs日本代表(ロシアW杯2次予選)
ロシアW杯2次予選第5戦
(会場 : シンガポール・ナショナルスタジアム[シンガポール:カラン])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
シンガポール代表0 - 3日本代表
【GOAL】
0 - 1 (20分)

日本代表 :金崎
0 - 2 (26分)

日本代表 :本田
0 - 3 (87分)

日本代表 :吉田






・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(シンガポール代表)
GK:マフブード(1)
DF:ハムザ(3)、ハイザン(5)、モハナ(6)、ナザリ(12)
MF:ナワズ(10)、ハルン(14)、シャフィク(15)、スジャド(16)、バハルディン(21)
FW:ラムリ(11)

(日本代表)
GK:西川(12)
DF:長友(5)、森重(6)、酒井宏(19)、吉田(22)
MF:本田(4)、柏木(7)、清武(13)、武藤(14)、長谷部(17)
FW:金崎(15)


・両チーム初期フォーメーション

20151112formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20151112sub1.png














・試合レポート:「3発完封で首位再浮上」

 首位と2差の暫定2位につけている日本代表は、6月の対戦で23本のシュートを放ちながらも、スコアレスドローに持ち込まれていたシンガポール代表とアウェーで再戦。序盤からチャンスを作りながらもスコアを動かせない状況が続くが、20分にGKイズワン・マフブードの牙城をようやく崩す。

 本田圭佑が上げた右クロスをペナルティエリア内の武藤嘉紀が頭で落とすと、そのボールを受けた金崎夢生がトラップから左足一閃。このボールがゴール右上に突き刺さり、5年ぶりの代表復帰となった“背番号15”の代表初ゴールによって、スコアは0‐1となる。

 これで肩の力が抜けた日本は26分にも得点を奪取。アタッキングサードでのダイレクトでのパス繋ぎから、ペナルティエリア内中央で武藤がパスを受けると、トラップは少し流れたものの、そのボールを後ろから走り込んできた本田が左足で蹴り込み、点差の拡大に成功する。その後も積極的にゴールを狙った日本だったが、3点目までは生まれず、0‐2のまま前半を折り返す。


【吉田弾で0‐3】

 後半に入っても、序盤から長谷部誠、本田が立て続けにシュートを放つなど、日本は積極的なプレーを継続するが、3点目を奪えないまま試合を進めることに。香川真司、宇佐美貴史、原口元気と立て続けに攻撃のカードを切るが、0‐2のまま試合終盤を迎える。

 このままフルタイム到達となるかと思われたが、87分に待望の3点目がようやく誕生。右CKからの吉田麻也のヘディングシュートは相手選手にライン上でクリアされるが、そのこぼれ球を拾った宇佐美がペナルティエリア外からシュートを放つと、これがボールの行き先にいた吉田の足に当たってゴールに吸い込まれた。

 試合は0‐3のままフルタイムを迎え、日本は予選4連勝を達成。ミッション完遂で首位再浮上を果たした。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ