スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

デル・ボスケ:「止めようのない流れがあり、ピケへのブーイングがないことの方が珍しい状態に達してしまっている」(イングランド戦前日会見まとめ)


【カシージャスとデ・ヘアについて】

「2人を戦力として抱えることができるのは幸運と言える。彼らはそれぞれの所属クラブで非常に良い働きを披露し続けているね」


【スタメンについて】

「アイデアは完成しているが、それを採用するかどうかは今日の練習を見なければならない」


【セルヒオ・ラモスについて】

「我々と今プレーできなくても、(EURO本大会のある)6月を良い状態で迎えることが重要なんだ。我々は彼の怪我ができるだけ早く良くなることを願っているよ」


【自身の将来について】

「私はいつも同じことを口にして来た。会長との会話は保留中であり、今はEUROに向けて集中している。その先を考える時間はあるはずだ」


【センターFWについて】

「2日しか練習を見ていないわけだが、3人とも良い状態にあると見ている」







【ジエゴ・コスタについて】

「今シーズンのチェルシーは調子が良くなく、そういう時は選手たちが責められてしまうものだ」

「彼は強制的に招集されているわけではないし、過去の約束によって彼が代表に来ていると思われるのは好ましくないね。彼は我々の信頼があってここに来ているんだ」


【ピケへのブーイングについて】

「止めようのない流れがあり、ピケへのブーイングがないことの方が珍しい状態に達してしまっていると言えるだろう。気に留めないことやそれについて言及しないことが、それに対する最善の方法だと私は考えている」


【ブスケツについて】

「ここ数年、彼は代表でもクラブでも良いプレーを継続的に披露して来ている。彼はその両方においてとても重要な選手となっているんだ」


【イングランド代表について】

「もう少し組織力を高めれば、途轍もないチームとなることができるだろう。彼らはEURO予選で10勝を挙げたポテンシャルのあるチームであり、個々のレベルもとても高いんだ」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ