スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

2015年11月15日の4大スペインスポーツ紙一面まとめ
- マドリード系二紙 -


【マルカ紙】


≪メイン : フランスのテロ事件≫
見出し : 『全員一丸のチーム』
・4600万人のスペイン人もその一部
・テロリストはスタジアム自体の襲撃も計画していた
・ウェンブリー(イングランドvsフランス):反非道行為のサッカー
 ・傷ついたファンが生命と民主主義を守るために団結
 ・「ラ・マルセイエーズ」と「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」が1つの国歌のように共鳴へ

≪その他1 : クラシコに向けて≫
見出し : 『ベニテスにとっての最初の決勝戦』
・クラシコが指揮官のレアル・マドリードでの未来のカギを握る

≪その他2 : ラウール・ゴンサーレス≫
見出し : 『ラウールのラストマッチ』
・自身22度目の決勝戦で今夜現役生活にお別れ






【アス紙】


≪メイン : ラウール・ゴンサーレス≫
見出し : 『永遠のラウール』
・今日、キャプテンが自身最後の公式戦に臨む
・「優勝トロフィーを掲げることは、最高の最後のご褒美と言えるだろう」

≪その他1 : レアル・マドリードの補強≫
見出し : 『モラタの買い戻しを狙う』
・ブロンゼッティ氏がトゥットスポルト紙で明かす
・費用は3500万ユーロ

≪その他2 : フランスのテロ事件≫
見出し : 『テロリストの1人は試合のチケットを持っており、スタジアム入りを狙っていた』
・スペイン代表の到着の2日前にブリュッセルの通りで3人が逮捕

≪その他3 : バレンシア≫
見出し : 『ヌーノ:“オーナーと友人関係を築くことは、自身の存在をアンタッチャブルにはしないんだ”』











- バルセロナ系二紙 -


【ムンド・デポルティーボ紙】


≪メイン : フランスのテロ事件≫
見出し : 『パリへの祈り』
・死者129人、負傷者350人以上
・グリーズマンの姉は、スペイン人の死者が1人出たバタクラン・ホール襲撃の生存者に
・メッシは「平和とは前進の継続と悲劇の克服への道がなんだ」
・テロ事件はフランスの首都を旅行中だったセルジ・ロベルトとアルベロアに衝撃を与えた

≪その他1 : スペイン代表≫
見出し : 『ブスケツはベルギー戦欠場へ』
・チームには帯同するが、クラシコの数日前の状況でリスクは冒さず
・チアゴは欠場が確定

≪その他2 : アルゼンチン代表vsブラジル代表(ロシアW杯南米予選レビュー)≫
見出し : 『1‐1:アルビセレステはネイマールを攻略できず』


≪その他3 : レアル・マドリードの補強≫
見出し : 『フロレンティーノ会長はモラタの買い戻しを考える』





【スポルト紙】


≪メイン : フランスのテロ事件≫
見出し : 『我々は皆パリと共に』
・死者129人、負傷者352人
・サッカーの全ての試合で厳戒態勢が敷かれる
・メッシ:「存在している道は平和だけだ」
・L・スアレス:「全力のサポートの気持ちをフランスとパリの被害者に捧げる」
・パウ・ガソル:「パリで起きたことは非人道的で不当なことなんだ」
・ラファエル・ナダル:「パリで起きたことにショックを受けている」

≪その他1 : メッシ≫
見出し : 『ファイナル・スプリント』

≪その他2 : レアル・マドリードの補強≫
見出し : 『ベニテスはモラタの買い戻しを要求』







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ