スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】カンボジア代表vs日本代表(ロシアW杯2次予選)
ロシアW杯2次予選第6戦
(会場 : カンボジア・オリンピックスタジアム[カンボジア:プノンペン])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
カンボジア代表0 - 2日本代表
【GOAL】
0 - 1 (51分)

日本代表 : OG
0 - 2 (90分)

日本代表 : 本田






・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(カンボジア代表)
GK:ウム・セリラー(22)
DF:ネン・ソティアロット(3)、セウイ・ウィサル(5)、サム・ウン・ピドー(6)、ヌブ・トラ(13)、チン・チョウン(17)
MF:クチ・ソクンペアク(10)、ソス・スハナ(12)、ケオ・ソクペン(14)、ビン・チャンタチェアリー(23)
FW:クオン・ラボラウィー(9)

(日本代表)
GK:西川(12)
DF:長友(5)、槙野(20)、藤春(21)、吉田(22)
MF:遠藤航(3)、原口(8)、香川(10)、宇佐美(11)、山口(16)
FW:岡崎(9)


・両チーム初期フォーメーション

20151117formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20151117sub1.png














・試合レポート:「OGと本田のゴールで2015年締め括り」

 前戦のシンガポール戦からスタメン8選手を入れ替えて試合に臨んだ日本代表。開始から攻め込むシーンは作るものの、慣れない人工芝のピッチと[5‐4‐1]のブロックで引いて守るカンボジア代表の“青い壁”に苦戦し、試合はスコアレスのまま時計の針だけが動く展開となる。

 逆にカウンターやセットプレーから危ない場面を迎えることもあったヴァイッド・ハリルホジッチ率いるチームだったが、最後の精度の悪さにも助けられ、無失点の状態は継続。しかし攻撃面では、アディショナルタイムの藤春廣輝のシュートが左ポストに阻まれるシーンもあり、0‐0の状態で前半を折り返すことになる。


【柏木投入で試合が動く】

 もどかしい状況のまま前半を終える展開となった日本は、後半開始から遠藤航を下げて柏木陽介を投入。すると、開始から1分経たないところで、この“背番号7”のロングパスを起点にPKのチャンスが生まれるが、キッカーを務めた岡崎慎司のシュートは相手GKにキャッチされてしまい、またしても均衡を破れない。

 先制の大チャンスを逸した日本だったが、このPK失敗から僅か4分後に試合を動かすことに成功する。柏木が右後方からFKを蹴ると、これが相手DFのオウンゴールを誘い、遂に0‐1に。

 その後、日本は本田圭佑、南野拓実を投入するが、またしても均衡状態が継続。このままオウンゴールの1点で試合終了かと思われたが、90分に途中出場の“背番号4”が追加点を奪い取る。

 藤春が左サイドでクロスを上げると、本田圭佑がヘディングでこのボールを沈めて、0‐2。エースの今年10点目かつ予選5戦連続弾で2015年を締め括った日本は、予選5連勝でグループ首位のキープを果たしている。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ