スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「我々にとっての最大の朗報は、メッシの怪我が治ったということだ」(クラシコ前日会見まとめ)


【クラシコに向けて】

「我々の置かれている状況や怪我から戻って来た選手という点から、我々は良い感覚を持ってクラシコを迎えられる」

「どんな結果になろうとも、この試合はリーガの優勝争いにおける決定的な試合とはならないが、我々が勝ち点3を狙っているのは間違いない。我々は力強いレアル・マドリードを目にすることになるだろうし、試合は難しいものになるだろうが、私のチームが自分たちの力を発揮できることを私は期待しているよ」

「我々のプランは他のチームとの対戦の時と変わらない。最高の選手たちが揃って起用可能な状態にあることは、素晴らしいことだと言えるね」

「雰囲気の素晴らしい試合が我々は好きだ。明日の試合がサッカーのお祭りとなることを願っているよ」

「クラシコに本命のチームは存在しない。ただ、永遠のライバルの本拠地で勝利することは常に刺激的なことであると言えるね」







【メッシについて】

「レオの状態はポジティブなものだ。フィジカルコンディションの面で100%の状態に到達できないのは間違いないが、我々にとって彼が戻ってきたことは大きなことなんだ」

「今日と明日、私は彼と話をするつもりだ。そして、試合の1時間前に決断が下されることになる」

「彼がプレーせずとも、我々にとっての最大の朗報は、彼の怪我が治ったということだ」


【ラキティッチについて】

「既にグループ練習に参加しているし、彼はレオと同じ状況にある。我々は“どの選択肢を選択するのか”を考えるために、これから彼と話をするつもりでいるよ」


【FIFAウィーク後の試合ということについて】

「選手たちは長距離移動に慣れているし、クラシコは疲労の影響を目立たせないほどのモチベーションを選手に与えてくれる試合なんだ」


【副審の告発について】

「そのテーマについては、調査が終了するまでコメントするつもりはない。誰が試合を裁こうが私は気にしないよ」


【ブスケツについて】

「彼はセンターバックでもピボーテでもインテリオールでもプレーできるインテリジェンスを持った選手だ。その彼の持つインテリジェンスは、現役時代の私を超えていると言えるよ」

「彼はバルサにおける絶対的な選手であるし、素晴らしい模範となっている選手なんだ」






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ