スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【CL15-16GS第6節水曜開催分】スペインクラブ監督前日会見まとめ
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督) : レヴァークーゼン戦前日会見まとめ


【レヴァークーゼンとの試合に向けて】

「首位通過を決めていることで、我々にとっては結果を気にすることなく臨める試合となっている。明日は我々のプレーアイデアに忠実なプレーを披露して行きたいと思っているよ」

「この試合の結果が、我々より相手に影響を及ぼすものであることは明らかだ。彼らのようにプレッシャーの中にいるチームは、試合の難しさを常に上昇させるし、それに加えて、彼らは我々のホームで対戦した時より力を付けている。間違いなく、彼らは我々を苦しめることになるだろう」

「我々は彼らがどの位置でプレッシャーをかけてくるのかを見極め、それからどのように局面を打開していくのかを決めることになる。彼らにとって、守備は最高の攻撃の策なんだ」


【チームの闘争心について】

「我々には1つのアイデンティティや1つのプレー哲学がある。闘争心の欠如は今まで起こったことがないし、これからもそれが起こらないことを願っているよ」


【メッシについて】

「できるだけ多く出場時間を与えた方が良いのは明らかであり、我々はそれを試みている。ただ、彼の状態や試合の性質も考慮に入れる必要があるんだ」


【バレンシア戦の交代なしの判断について】

「あれの裏にメッセージは存在しない。会長やSDにメッセージを送る必要があるなら、私はそうするし、実際に既にそれを行っているんだ」


【選手の温存について】

「それを試みてはいるが、私には魔法は使えないんだ」











ガリー・ネヴィル(バレンシア監督) : リヨン戦前日会見まとめ


【チームとのコミュニケーションについて】

「選手たちとは月曜の朝に15分から20分ほど話をした。彼らには、全員に平等にチャンスがあることを伝えているよ」


【ネグレドについて】

「ネグレドとは今日の朝に話をした。彼は2か月間プレーをしておらず、虫垂炎の手術も行ったわけだが、明日はチームの一員となる予定だ。これからの数週間、我々は彼の実戦感覚を取り戻すことを試みて行くよ」


【目標について】

「我々は毎試合で勝利を挙げることを目指して行く。全てが我々次第なわけではないが、我々は自分たちのプレーに集中しなければならないんだ。特に今は、他の場所で起きていることを考えることなく、自分たちのことに集中する必要がある状況と言える」

「最終的にはCL出場権を目指さなければならないと感じている。我々は勝利して、人々を楽しませるためにここにいるのであり、勝利こそが我々の目標なんだ」


【メスタージャについて】

「土曜の夜は素晴らしかったよ。選手たちは強烈な相手に対して、ハードワークや組織力、チームのスピリット、耐久力で戦いを繰り広げて結果を出し、スタジアムには良質な時が流れていた。それこそが私がメスタージャに求めているものなんだ。メスタージャは相手チームにとって恐怖の場所とならなければならない」


【カウンターとポゼッションについて】

「それぞれのスタイルにはそれぞれの魅力がある。なぜ、我々が両方の戦い方ができないと言えるのだろうか。私は両方のスタイルに目を向けているし、“1つのチームは片方のスタイルだけを持つ”と考えるのは危険なことだと、私は思っているよ」


【練習に3000人がやってきたことについて】

「信じられないことだし、素晴らしいことだと思ったね。人々がコーチングスタッフや選手たちの近くにいてくれることは、最大級のインテンシティに繋がるし、良いことだと言えるよ」


【就任後の初戦に向けて】

「良いことか悪いことか分からないが、不安は感じていない。イングランド代表のコーチを務めている時もそうなんだ。現役時代の試合の前に不安を感じたことはあったがね。現在の我々は団結しているし、不安はないんだ」


【2トップの採用について】

「全ての条件が揃えば、2トップでプレーする可能性もある。明日の布陣については、まずは選手たちに告げるつもりだ」


【GKの起用について】

「その件については既に決断を下しているが、まずは選手たちと話をするつもりだ」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ