スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「デニス・スアレスは選択肢の1つと成り得る」(バルセロナvsレアル・ベティス:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ベティスとの試合に向けて】

「追いかけてくるチームとの差を広げるチャンスがそこにはある。魅力的な試合と言えるよ」

「彼らはアウェーよりホームで苦戦を強いられているが、これは興味深いことだ。ハイプレスが特徴的なチームであるし、ホアキンとセフードはクオリティが高く、ルベン・カストロとホルヘ・モリーナには決定力がある。そして中盤にはフィジカルのあるヌディアイエがいるんだ」


【リーガでの2連続引き分けの影響について】

「我々がプレーした直近2試合はクラブW杯の試合であり、その2試合で我々は素晴らしい形で勝利を挙げた。その事実が明日の試合に影響を及ぼすことはないと思うが、それはリーガでの2連続引き分けもそうなんだ」


【セルジ・グアルディオラの件について】

「ツイッターによってこうしたことが起きることは驚きではないよ」


【2015年について】

「振り返りはシーズンが終わった時に行いたい。ここまでには満足しているが、我々はまだ道の途中にいるんだ」


【ゴール記録について】

「重要なのはベティスに勝利することだ」


【アレイシュとアルダについて】

「彼らはチームをサポートしたいという強い熱意を持っている。現在はピッチの外からでしかそれができない状況にあるし、ピッチ内で喜びを感じることだけが彼らには必要なんだ。普通ではない状況を経験したと言えるよ」


【冬の移籍市場について】

「冬の選手加入があるなら、放出があるのは普通のことだ。1か月は長いんだ」

「デニス・スアレスは、セビージャ時代は出場機会が少なかったと思うが、現在のビジャレアルでの彼についてはとても良い印象を持っている。彼は選択肢の1つと成り得るよ」











ペペ・メル(レアル・ベティス監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「これは主観ではなく、結果が示していることだが、世界最高のチームとの試合ということは分かっている。ただ、インテンシティと姿勢を持って試合に臨めば、我々にチャンスはあるはずだ。我々は相手を苦しめることを狙って行くよ」

「我々は各クラブに戦いを挑むというこのクラブの野心を全員で共有しなければければならない。少なくとも1ポイントは持って帰りたいね」


【国王杯のダービーについて】

「その前に明日の試合と日曜の試合という重要な2試合があるんだ」


【自身の将来について】

「未来というのは気まぐれであり、何が起こるかは全く分からないものだ。7月に私がどこに目を向けているかは分からないが、今はベティスでできるだけ最高の仕事をして、期待にこたえることに集中しているよ」

「私はベティスの指揮を続けたいと思っているし、クラブはコーチ陣に良い視線を向けてくれている。未来は今にあるんだ」


【バルセロナのセルジ・グアルディオラ解雇について】

「私はダニ・セバージョスがここにいてくれることを嬉しく思っている。人は時々過ちを犯すものだ」


【冬の移籍市場について】

「冬の補強がチームの向上に良いものであるということは理解している。ただ、1人の選手がただやって来るのでは十分ではない。プレー意欲のある選手が来る必要があるんだ」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ