スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「勝ち取ったすべてのことは既に過去の出来事なんだ」(エスパニョールvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







コンスタンティン・ガルカ(エスパニョール監督)前日会見まとめ


【ダービーマッチに向けて】

「我々にとって重要な試合であることは分かっている。私は試合を楽しみにしているが、我々が対戦するのは最高のチームなんだ。彼らを苦しめることができることを期待しているよ」

「我々はしっかりとしたプレーをしようとしなければならない。相手がバルサであることは分かっているが、我々は相手のエリアへの侵入とチャンスの創出を試みて行くつもりだ。そうしなければ我々の勝利の可能性はないのだからね」

「我々は彼らからボールを奪うことを試みて行く。バルサはボール保持が得意なチームであり、素晴らしい選手が揃っているが、我々は走力や積極性といった自分たちの武器で彼らに立ち向かうことを狙って行くよ」

「私は恐れを抱いていないし、選手たちを信頼している。彼らは集中しているし、問題があるとは思っていない。相手は良いチームだが、そのことを我々は分かっているし、試合では戦いを挑んで行くつもりだ」

「チームは攻撃と守備の両方で良い働きを見せる必要がある。バルサ相手に守るだけでは、大きな痛手をこうむることになるんだ」


【選手起用について】

「全体を見なければならないのは確かだが、最高の状態にある選手をしっかり試合の構想に入れることを私は試みているんだ」


【冬の補強について】

「私が心配しているのは試合のことだけだ。他の部分については、どうなるか見てみる必要がある」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【クラブに求めるものについて】

「ここで私が求める全ての物を君たちに教えれば幸せになれるのかもしれないが、私はロベルトSDと話したことについて少しも明らかにするつもりはない。それは私のやり方ではないんだ」


【ダービーマッチに向けて】

「我々はいつものリーガの試合と同等のレベルの真剣さと野心を持って、この試合に臨むつもりだ。相手の監督は『ボールを持つことを諦めるつもりはない』と言っていたが、間違いなく、それこそがこの試合に向けて我々が望んでいることだと言える。私の好きな部類の素晴らしい考えだよ」

「我々は良い試合をしたいと思っているが、私自身は10日間で3度も同じ相手と試合をすることは好きではないんだ。この試合が難しい試合になることを想定しているよ」


【新たなタイトルに向けて】

「ここの選手たちは、勝利することに飽きていないことを示して来ているし、勝ち取ったすべてのことは既に過去の出来事なんだ。現在の我々はまだ何も手にしていないと言えるよ。重要な数か月がここから始まるんだ」


【ルイス・スアレスについて】

「彼がゴールを量産していることに驚きは持っていない。彼は元々ゴールゲッターであるし、人生を通してそれであり続けるだろう」


【アルダとA・ビダルについて】

「彼らは様々なポジションでプレー可能であり、バルサでプレーするのに相応しいパーソナリティを持った重要な選手だ。彼らの存在はチームの層を厚くし、必要な競争をもたらしてくれるだろう」







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ