スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「私が選手に望むのは100%の状態なんだ」 (レアル・マドリードvsA・ビルバオ:事前会見まとめ)







ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【ベイルについて】

「選手が負傷を抱えている時、私はその選手の状態を心配するが、過度にそれを行うことはない。彼は日に日に良くなっている。ただ、“彼が来週にはグループ練習に復帰する”と明言することはしないんだ。これはより時間がかかる問題なんだ。落ち着いて彼の回復を待つ必要がある。我々は彼に100%の状態に戻ってもらいたいのだからね」

「私が選手に望むのは100%の状態なんだ。彼は我々の最重要選手の1人であるし、リスクを冒すつもりはない。80%や90%の彼は望んでいないんだ」


【国王杯決勝の開催地について】

「それはクラブの問題と言える。私にとって重要なのは、毎週のチームの働きや明日の試合なんだ」


【A・ビルバオとの試合に向けて】

「相手はとても強くてとても良いチームだと考えている。我々はこれから誰と戦うのかを分かっている。彼らは特にセットプレーの面での強さを持っていると言えるね。また、アドゥリスは35歳だが、それを感じさせないプレーを見せているよ」

「選手起用については明日を見てみよう。ただ、イスコに休息を与え、コヴァチッチにスタメンでプレーさせるつもりだ」


【ヴァランについて】

「モウリーニョは彼を引き上げた監督であるし、彼のことを完璧に知っている人物だと言える。ただ、彼はレアル・マドリードの選手であるし、彼はこのクラブの未来だ。残ってくれることを私は望んでいる」


【マルセロについて】

「彼は徐々に回復している。復帰時期は彼の感覚次第だが、我々としてはリスクを冒すつもりはないよ」


【ファンについて】

「彼らは選手にとって重要な存在であるし、我々全員が試合を見に来る人々に喜びを与えたいと思っている。私がファンに求めることは、今まで通りのチームの後押しなんだ」











エルネスト・バルベルデ(アスレティック・ビルバオ監督)事前会見まとめ


【レアル・マドリードとの対戦に向けて】

「レアル・マドリードは最初の25分で畳み掛け、その後は快適なプレーを展開している傾向がある。序盤に得点を奪わせず、相手をナーバスにできるかどうかがポイントなんだ。昨シーズンの対戦ではそれができず、我々が大打撃を被ることになった」

「我々が勝利の本命でないことは分かっている。しかし、我々は戦わなければならないし、いつもと同じように勝利の可能性を追求しなければならないんだ」


【欠場者について】

「ウィリアムスの欠場は痛すぎると言える。彼らにも欠場者がいて、それが素晴らしい選手であることは事実だが、我々の欠場者の方がチームへの影響が大きいと感じている。ウィリアムスに加えて、サン・ホセやラウール・ガルシアもプレーできないんだ」


【アドゥリスについて】

「彼のようなケースは稀だ。その鍵となる全てのことが、彼の献身性やプロフェッショナリズム、周囲の信頼に集約されていると言えるよ」

「ペナルティエリアの近くにボールが行くたびに、我々皆がアドゥリスのゴールが間近であると感じるんだ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ