スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「相手は我々から2度勝利を挙げている唯一のチームだ」(バルセロナvsセルタ:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【セルタとの戦いに向けて】

「彼らは我々から2度勝利を挙げている唯一のチームなんだ」

「アウグスト・フェルナンデスは彼らにとっての重要な選手であったし、彼の放出は大きな損失に思える。しかし、彼らには新たに契約した若い選手がいるし、ラドヤは彼と同じようなことができる選手なんだ。セルタは放出や負傷による穴を解決できるチームなんだよ」

「相手はプレッシングが上手いチームであり、難しいチームだと言える。彼らは自身のコンセプトに忠実なサッカーを展開してくるだろう。選手たちは難しい試合となることを分かっているよ。相手の欠場者の数に関係なく、試合の危険度は高いままなんだ」

「彼らは前進やプレスの方法、スペースの消し方というものを分かっているチームだ。守備面でも攻撃面でも我々に苦労を強いることになるだろう。興味深いチームの1つであると言えるよ」

「彼らとセビージャによる国王杯準決勝の試合は、激しいものだった。こうしたタイプの試合が常に選手たちの消耗をもたらすのは明らかだ。ただ、その一方で我々は、セルタの選手たちがカンプ・ノウで試合を行うことにモチベーションを感じているということを確信しているんだよ」


【国王杯決勝の開催地について】

「現在の私が国王杯の決勝について興味を持っていることは、我々がその舞台に駒を進めているという事実だけだ」


【“バルセロナ残留はネイマールにとっての最良の選択か?”という質問に対して】

「私は声が出ないんだ。その件については、何度も答えているからね」











エドゥアルド・ベリッソ(セルタ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「勝利のためには、我々のアイデンティティを保つことが重要だ。また、カンプ・ノウでゴールを奪うためには、有効なプレスをかける必要がある。我々はプレスを通して素晴らしい試合を演じてきたチームであるし、再びそれが相手のプレーを無力化するためのカギとなるはずだ」

「守備の時間が長くなることは、遅かれ早かれ失点に繋がることになる。だからこそ、ピッチの上の選手たちには我々のサッカーをする勇敢さを要求したい。我々のプランは、相手からボールを奪い取ることを試みるというものなんだ」


【新戦力のマルセロ・ディアスについて】

「セビージャ戦を彼はかなり披露した状態で終えていたし、我々としてはリスクを冒すつもりや新たな努力を強いるつもりはない」


【メッシ対策について】

「メッシのプレー位置が最終的な守備の形を決めることになるだろうが、我々は典型的な4バックで試合に臨む。ジョニーはメッシのマークに付くことになるだろう」


【自身の契約更新について】

「数日中にクラブと話をする見込みだ。私は続投したいと思っているよ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ