スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「優勝争いの直接のライバルとの差を拡大するチャンスなんだ」(S・ヒホンvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







アベラルド・フェルナンデス(スポルティング・ヒホン監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「メッシと彼のチームメートがレッドカーペットで歓迎されることがないことを願っている」

「我々にとって、こういう試合はプリメーラにいることの象徴と呼べる試合なんだ。また私にとって、この試合は特別な試合であると言える。それは相手が世界最高のチームというだけでなく、私の友人が率いているチームでもあるからだ。ただ試合の間、ルイス・エンリケはバルセロナの利益を守りに行くし、私はスポルティングの利益を守りに行くことになる」

「我々はバルセロナを苦しめることを目指して試合に臨む。しかし、彼らに一撃を食らわすのは難しいことだと言えるんだ。それは我々に限った話ではなく、世界中のどんなチームもそうだと言えるよ」


【ルイス・エンリケについて】

「少年のころの我々は、レアル・マドリードやバルセロナ、代表チームでプレーすることができるようになることを1度も考えたことが無かった。私は彼のことをとても誇りに思っているんだ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【S・ヒホンとの試合に向けて】

「優勝争いの直接のライバルとの差を拡大するチャンスの試合なんだ。ただ、簡単な試合とはならないだろう。スポルティングはハードワークをするチームであるし、攻撃に繋げられるソリッドな守備ができるチームなんだ」

「明日の試合で勝利できれば、それは大きな結果と言えるだろうが、優勝争いにおける決定的な結果とは言えないよ」


【故郷への帰還について】

「複雑な気持ちというのはない。故郷を出て何年も経っているし、現在の私はバルサの指揮官であり、目標は他の試合と変わらないんだ。我々は勝ち点3を取りに行くよ」


【アベラルドについて】

「7歳の時から一緒に学校に行っていたし、様々なことを一緒に経験してきた。今は別々のチームを率いているが、彼は僕の家族と同様に僕の人生における重要な人物の1人なんだ。15年前はこうなることを全く想像していなかったし、僕たちが選手だった時もこういうことを話したことはなかったよ」


【ハリロヴィッチについて】

「我々が求めていた出場機会を彼は得ている。まだまだ向上すべきところがあり、レギュラーではないわけだが、その出場機会を生かしていると言えるだろう。彼は進化の過程にある選手なんだ」


【スポルティング・ヒホンについて】

「私はソシオであるし、少年時代は母が作ってくれた旗を持ってスタンドに行っていた。難しい試合となるだろうし、同時に特別な試合となるだろう。ただ、現在の私はバルセロナに属しているんだ。もし無敗記録が途切れなければならないなら、エル・モリノンでそうなってほしいね」


【国王杯の決勝について】

「選手たちが(ベルナベウで行われる)スプリングスティーンのコンサートに行くことはないだろう」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ