スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

スペインサッカー前日ニュースおさらい(2016年2月23日号)
昨日(2016年2月22日)のスペインサッカーのニュースをチェック!! (試合結果は基本対象外)




≪国王杯決勝≫

22日にカルデロンで開催へ


 国王杯を主催するスペインサッカー連盟(RFEF)は、今シーズンの国王杯決勝(バルセロナvsセビージャ)について、開催地がマドリードのビセンテ・カルデロンに決定したことを発表。また開催日についても、当初はセビージャがEL決勝に進出した場合の予備日とされていた5月22日(日)に決定したことが発表されている。

 国王杯決勝の開催地については、進出両チームがサンティアゴ・ベルナベウでの開催を望んでいたとされていたが、当初の決勝開催予定日の5月21日にロックコンサートが開催されることが発表され、同スタジアムでの開催が不可能に。コンサートとの同日開催によるセキュリティの問題から、同州内のカルデロンも最終候補から外れていると見られていた。












≪アトレティコ・マドリード≫

PSV戦の主審はオルサト氏が担当

 UEFAはCLラウンド16第1戦の今週水曜日開催分の担当主審を発表。PSVvsアトレティコ・マドリードは、イタリア人のダニエレ・オルサト氏が担当することになった。

 オルサト氏は過去に1試合だけアトレティコの試合(CL13‐14GS:vsオーストリア・ウィーン)を担当しており、その試合でのアトレティコの成績は勝利。一方、PSVの試合担当は今回が初となっている。





≪グラナダ≫

サンドバル監督を解任


 今シーズン2度目の4連敗を喫し、最下位に再転落していたグラナダは、ホセ・ラモン・サンドバル監督の解任を発表。当時1部のアルバセテなどを率いた経験を持つホセ・ゴンサーレス氏が後任を務めることも、同時に発表されている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ