スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「我々の目標は常に勝利であり、それ以外には存在しない」(アーセナル戦前日会見まとめ)


【アーセナルとの試合に向けて】

「試合へのモチベーションはスタジアムや対戦相手からだけではなく、この舞台の大きさからも来ている。我々にはタイトルの連覇という目標があるんだ」

「アーセナルはより後方で待ち構える形を取って来るだろうと思うが、しかしハイプレスも仕掛けてくる場面はあるだろう。私は我々が敵陣でボールを保持できることを願っているよ」

「我々の目標は常に勝利であり、それ以外には存在しない。だから、勝利に繋がらない全ての要素は我々の選択肢から切り離されることになる」

「彼らにはかなり危険な前線と強力なブロックがあると言えるね」

「アーセナルは試合をコントロールできるポテンシャルを持ったチームだ。2つのチームのスタイルの点から、試合はかなり魅力的なものとなるかもしれないね」







【ベンゲルの「バルサが大本命」という発言について】

「私は気にしていない。人がそれぞれ意見を持つことができるというのは素晴らしいことだと思うよ。何にせよ、ボールを持っている時もそうでない時も、我々は物事を上手くやらなければならないね」


【トリデンテについて】

「彼らの野心は素晴らしいものであると見ているが、それは彼らだけではなくチーム全体に言えることだ。このチームは唯一無二のレベルの選手たちを抱えたチームであり、選手たちは毎日勝利への欲求を更新し続けている」

「彼らに“アブラカダブラ”と言うと、魔法が起きるんだ。何故か分からないが、私は常に良いFW陣を手元に置くことができており、バルサでは世界最高のFWたちを抱えることができている。彼らには自由があるが、その一方でファーストDFとしての義務があることも理解している。皆が共通の目標を持っているし、物事はとても簡単なんだ」


【メッシについて】

「昨シーズンの彼は素晴らしかったが、今シーズンの彼も昨シーズンと同等かそれ以上のレベルにあると言える。レオは最高のMFにも成り得るし、9番として素晴らしい記録を樹立している。彼は重要な選手であり、我々のリーダーなんだ」


【国王杯決勝の開催地決定について】

「ゴールと人々が観戦するためのスタンドはあるのかい? それならパーフェクトだ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ