スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「リーガの優勝争いはまだ終わっていない」(ラージョvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







パコ・ヘメス(ラージョ・バジェカーノ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「明日の試合は超重要なものであるし、我々は自分たちの無敗記録を継続させなければならない。次の月曜の試合のことを考えることはできないんだ。また、大きなローテーションを行うつもりはない。スタンドは満員になるだろうし、私の試合に向けた責任は大きいものになる。力をセーブするつもりは全くないんだ」

「私は彼らが現在のサッカー界を支配しているチームだと思っている。彼らのようなチームは他にはいないね。偉大なチームは他にもいるが、バルサはより簡単に結果を得ることができる雰囲気を醸し出しているチームなんだ」


【契約延長について】

「クラブ側が新たな契約を私に提示してくれることを願っている。彼らが望むなら、やるべきことは交渉の席に着くことだけだと言えるよ」


【ルイス・エンリケについて】

「現役時代の彼は偉大な選手の1人だった。私は彼と代表でのチームメートとなる幸運に恵まれていたと言えるね。彼は常に素直な男だったよ。彼はこのリーグにおける最も大きな2つのクラブでプレーした選手であるし、“彼のような選手がこのチームにいたらな…”と思っている」


【グアルディオラ政権とルイス・エンリケ政権の違いについて】

「グアルディオラのチームになかった部分をルイス・エンリケのチームが持っているかもしれないが、それは前線にスピードに溢れた3選手がいるからだ。グアルディオラのチームはその3人のうちの1人しかチームにおらず、他の選手を前線で起用する必要があったんだ」

「実際のところ、最も重要な要素はプレーアイデアであり、私はその点での違いは存在していないと捉えている」


【ハビ・ゲーラについて】

「彼は違和感を乗り越えたし、彼の努力には感謝している。しかし、我々にはマヌーショもいる。現在の彼は好調であり、チームを牽引してくれているんだ。ミクーの欠場という事実を前に、どちらが前線に立つのか、それとも2トップにするのかというのを決定しなければならないね」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ラージョとの試合に向けて】

「ホームでの試合だろうと、アウェーでの試合だろうと、ラージョとの試合に油断して臨むことは有り得ないだろう。彼らのアイデンティティやパコの存在から、選手たちは試合が難しいものになる見込みであることを分かっているよ」


【アルダ・トゥランについて】

「基本的には彼はインテリオールやウイングでのプレーが可能であり、実際彼はその2つのポジションで上手くプレーしている。攻撃と守備の目標は別々だが、共存は可能だと言えるよ」


【優勝争いにについて】

「アトレティコは失敗しないし、向上を続けている。リーガの優勝争いはまだ終わっていないと言えるよ。我々が逆のことを言ったことは1度もないんだ」


【今後のMSNの温存の有無について】

「これからどうなるかを見てみよう。適切だと思うことをやるつもりだ」


【マテューについて】

「彼の状態は非常に良いね。私にとって、彼は昨シーズンの最高の補強の1人だったんだ。スピードがあってボールコントロールに優れ、優れたフィジカルのあるDFだと言えるよ」


【パコ・ヘメスについて】

「彼の監督としての哲学が私は大好きだ。彼の考えには強く賛同しているよ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ