スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「この試合で我々は勝利を掴まなければならない」(レアル・マドリードvsセルタ:両監督前日会見まとめ)







ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【カンテラーノの起用について】

「彼らは準備万端だったし、良いプレーをしていた。それ以上のことはないよ。チーム内の選手たちは皆平等であるし、ジダネス&パボネスというのは、私は好きではなかったんだ」


【レバンテ戦について】

「選手たちはもっと水を飲まなければならないね(笑)。痙攣していたのはベストを尽くしていたことを意味するし、ベストを尽くしていたこと自体は良いことだと言えるね」


【ベイルについて】

「彼は招集リストに入る。これは良いことだし、全てのファンにとっての朗報と言えるね」


【セルタとの試合に向けて】

「火曜の試合に目を向けることはしない。重要なのは明日の試合なんだ」


【アルベロアについて】

「彼が唯一の出場機会のない選手となっているのは、残念なことだ。シーズンが終わる前には出場機会を得ることになるだろう。ただ、明日の試合は招集外なんだ」


【モドリッチとマルセロについて】

「モドリッチは招集メンバーに入らないが、マルセロは入る。ルカは準備万端ではなく、我々はリスクを冒すつもりはない」


【クロースについて】

「彼は熱があり、明日の試合には出場できない」


【メディアについて】

「1試合の敗北や2試合の引き分けが、大災害のように捉えられることを、私は分かっている。私は現役時代に既にそれを経験しているし、新しいことではないんだ」


【CLについて】

「優勝のチャンスは全てのチームにあると言えるね。ただ、私が今集中しているのはセルタとの試合なんだ。優勝が難しくても、このセルタとの試合で我々は勝利を掴まなければならない」


【カゼミロについて】

「彼がチームにもたらしてくれるものを我々は知っているし、彼は自分のポジションで良い働きを見せている。技術も良いし、力強さもあるし、個性もある。こうした要素があって、人はレアル・マドリードでプレーできるんだ」


【チームの運動量の上昇について】

「驚くことに、走れば走るほど試合に勝利する可能性は増えるんだ」


【中盤の構成の変更によるプレースタイルへの影響について】

「何も変わることはないだろう」


【ファンについて】

「我々はファンが我々の傍にいることを望んでいるし、彼らの愛情を必要としている。彼らは我々にとってかなり重要な存在であるし、我々は彼らのために全力を注ぐつもりだ」











エドゥアルド・ベリッソ(セルタ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「レアル・マドリードは観客に対して反撃の姿勢を見せようとするだろう。前のホームでの試合は、心地の良いものではなかったのだからね。チームの発揮する力に呼応する形で、観客は試合における重要な役割を担うことになるだろうね」

「ただ、我々のプランはスタジアムとの空気とは関係ないものと言える。一方で、相手は我々との対戦の中でスタンドとの繋がりを復活させることを試みてくるはずだ」

「高い集中をした状態で試合に臨まなければならない。彼らは試合序盤から圧をかけてくるチームであり、序盤の出来というものが彼らのプレーに影響しているんだ」

「我々のプランは彼らからのボールの奪取だ。我々が流暢な戦いを披露するためには、それが必要と言える。それができれば、我々はどんなレベルのチーム相手にも抑えられないチームとなることができるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ