スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「私は指揮官であるが魔術師ではない」(エイバルvsバルセロナ:両監督事前会見まとめ)







ホセ・ルイス・メンディリバル(エイバル監督)事前会見まとめ


【最近の試合内容について】

「ラス・パルマスとの試合の前半では我々が悪く、相手が上回っていた。それはセルタとの試合も同じだ。一方セビージャとの試合では、最初の15分間以外は良い戦いができていたが、勝ち点を得ることができなかった。これは大きなことだったと言える。しかしながら、我々は好感触を得ているんだ」


【選手起用について】

「どんな選手がピッチに立つことになるか見てみよう。数選手は回復過程にあるし、また別の選手は違和感が残っていたりする。実際のところ、時間が足りていないと言えるね」


【ネイマールの不在について】

「恐らく予定されたものではないかと思う。休養のためにイエローカードをもらったと私は見ているよ。彼が最高の選手の1人なのは事実であるし、彼の不在は我々にとってプラスとなるかもしれない。しかし、彼の代わりに出る選手も良い選手なのは間違いないんだ」


【オサスナ時代のバルサ戦勝利について】

「あの時は氷点下でピッチが凍っていた。そうした状況では小さいアドバンテージを持つことができるかもしれないんだ…という冗談はさておき、重要なのは“全力で試合に臨むこと”、そして“ミスをしないこと”だ。とりわけ、自陣でのボールロストを回避し、良い守備をする必要があると言える」


【バルセロナとの試合に向けて】

「選手たちに特別なことを言う必要はない。ただ、我々は自分たちのアイデンティティを保つ必要がある。バルサは常にアウェーで苦しんでいるが、ほぼ毎回、最終的には勝利を収めているんだ」

「相手は全員が良い選手であるし、マンマークは行わない。また、彼らはどんな小さなチャンスも生かすことができるチームなんだ。サプライズを起こすことができたら、それは素晴らしいことだと言えるよ」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【エイバルとの試合に向けて】

「昨シーズンの戦いは参考となる部分があるかもしれないが、監督や選手など様々な相違点もある。アウェーでの試合であり、とても健闘しているチームであるから、この試合が難しいものになるのは間違いないだろう」

「彼らは、素早いトランジションをベースとした直線的なプレーをするチームだ。それに良いプレッシングも展開している。更にピッチの大きさとファンの存在が、彼らにとてもプラスに働いていると言えるね。彼らはとても魅力的なプランを持っているチームなんだ」


【メッシについて】

「私は指揮官であるが魔術師ではない。彼は彼が望めば常に世界最高の選手であり続けるだろうが、年齢というのは我々皆に影響を及ぼすものだ。40歳でも最高の選手であって欲しいと思うがね」

「彼はピチーチやバロンドールを再び勝ち取る可能性を有しているし、1秒で10ゴールを奪うことも可能かもしれない。彼はチームレベルのタイトルを全て制覇する意欲十分であるし、その事実は私をよりポジティブにしてくれている。彼は本当にやる気に満ち溢れているんだ」


【ラフィーニャについて】

「彼の回復プロセスはとても順調に進んでいる。あとはメディカルチームの出場許可という重要なステップが残されているね」


【PKについて】

「改善すべき事柄であるのは確かだ。ただ決定打となる失敗ではなかったし、心配はしていない」


【連続無敗の秘訣について】

「カギがたった1つということはない。多くの物事の積み重なりなんだ」


【ラキティッチについて】

「彼は足の甲に打撲を負っていた。回復の状況を見てみる必要があるね。ただ、プレーを完全に妨げるような深刻なものではないよ」


【ブラジル代表について】

「コパ・アメリカと五輪の件はドゥンガと話をする必要があると言えるだろう。ただ、話をするまで決まることは何もない」


【ルイス・スアレスについて】

「彼も我々がチームとして勝ち取りたいタイトルに集中していると、私は見ているよ」










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ