スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ:「無敗記録のことを私は気にしていない」(バルセロナvsヘタフェ:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ

【ヘタフェとの試合に向けて】

「相手の状況は試合をより難しいものにするだろう。我々は勝ち点を必要としているチームと戦うんだ。この試合は勝ち点差維持のためのホームでのテストと言えるね」


【新たな三冠の達成について】

「君たちは思ったことを話すことができるが、我々はリーガ制覇に近づくための勝ち点3の獲得のことだけしか考えていない。我々は望んでいたところに立っているのであり、ポジティブになる必要があると言えるね」


【ピケのSNS活用について】

「素晴らしいことだと思っている。チームとファンの距離感の近さをよく示しているね」


【悩みごとについて】

「私にとっての悩みごとは、肉と魚のどちらを食べるかということだけだ」


【現状のライバルについて】

「最大のライバルはアトレティコであり、その後ろにレアル・マドリードが立っている。我々はシーズンの決定的な局面に足を踏み入れており、全てのチームが勝ち点に向けて必死な状況にあるんだ」


【連続無敗について】

「我々が気を取られることはないし、私は気にしていない。必ずどこかで途切れる時が来るだろう。今の私が望んでいるのは、今回のヘタフェとの試合に勝利するためのカギの発見なんだ」


【デニス・スアレスについて】

「未来のことについては何も語らない」


【レスターの躍進について】

「このリーグで同じようなことが起こり得るかどうかは、私には分からない。しかしながら、ビッグチームが躓きを見せるというのは稀なことなんだ。イングランドでは稀な状況が起きている一方、この国ではアトレティコとレアル・マドリードが我々と共に上位に立っているんだ」











フラン・エスクリバ(ヘタフェ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「状況の難しさや相手チームそのものの難しさは分かっているが、我々としては、何かポジティブな結果を引き出すことを狙って試合に臨むつもりだ。ただ、前半戦での対戦の時に起きたこと(ハロウィン騒動)に対するリベンジを行う意図は全くない」

「我々は団結してスペースを最小限に抑え、インテンシティのある形で守備を展開する必要がある。また、我々はバルセロナが前に人をかけることを把握しつつ、できたスペースを生かして行く必要があるんだ。セットプレーのチャンスも生かして行かなければならない。バルセロナが勝利すると考えるのは論理的なことだと言えるが、それでも我々はそんな考えを持たずに試合に臨んで行くつもりなんだ」

「バルサは連勝を続けているが、明日がその終わりの日となることを願っているよ」

「ヘタフェは2年前にバルサと引き分けている。どんなスポーツマンも『敗者になりに行く』ということは頭にないはずだ」


【相手のトリデンテについて】

「現在のパフォーマンスから見て、『彼らは現在における世界最高のFW陣である』と言えるかもしれない。一方、歴史的観点では、範囲が広大すぎるため我々には判断不可能なんだ」


【ハロウィン騒動について】

「そのテーマは最近全く話題となっていなかった。騒動が起きた週は話題となっていたが、今のこのチームにとってその話は終わったことになっていると言えるね」








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ