スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「我々は素晴らしい試合をしなければならないことを分かっている」(バルセロナvsアーセナル:前日会見まとめ)


【アーセナルとの試合に向けて】

「第1戦の結果が我々のやり方に影響を及ぼすことはない。我々は素晴らしい試合をしなければならないことを分かっているんだ」

「この試合での我々の目標は彼らを上回ることだ。第1戦がどんな結果であっても、我々のスタイルが変わることはないのだが、相手に変更点があるとするなら、質問の相手は私ではなくベンゲルが相応しいと言えるね」

「勝ち上がるためには2試合を戦う必要があり、我々がリラックスして試合に臨むということは起こりえない」

「彼らは、危険なシーンを作るのに手の込んだ作業を必要としないダイレクトなチームであり、ジルーやウェルベックといった選手を抱えていることで、空中戦での強さも持っている。そうした要素は我々を苦しめるはずだ」

「クラブやチームのポテンシャルの面を見れば、彼らが逆転をすることは十分に可能だと言えるね。第1戦の結果はとても良いものであるが、もし先制点を奪われれば、先行きは不透明になるかもしれない。我々は彼らを上回る必要があるんだ」












【チーム状態について】

「サッカーというのは複雑かつ素晴らしいものだ。今日現在の結果はとても良いものだが、その全てを確かなものにする必要がある」

「プレーの質を向上させるためには謙虚である必要があると言えるよ」


【監督業について】

「監督業には常に複雑さが付きまとうものだ。常に決断を下さなければならないし、そこには難しさがある。また、毎日現状に目をやりながら自分自身を見つめる必要があるし、常に改善しなければならないものが目の前にあるんだ」


【アレクシスについて】

「彼にとってカンプ・ノウへの帰還は刺激となるだろう。3シーズンを過ごしたのだからね。彼は様々な面での向上を見せているし、止めるのが難しい選手の1人と言えるよ」


【ベンゲルの長期政権について】

「彼のマネージメント能力のレベルの高さを表していると言えるね。彼は選ばれし者であるが、私がそうなることは不可能だ。私には起きていることを分析するための知識が十分にないんだ」

「どんどん監督の数は増えて来ているし、競争は激しいものになっている。そういう観点から見れば、彼の監督キャリアは彼自身のクオリティを表していると言えるよ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ