スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

デル・ボスケ「セルヒオ・リコも含め、全員を起用しようと思っている」(ルーマニア戦前日会見コメントまとめ)


【今回の代表の集合について】

「今回の代表の集合は4か月間も我々は集まっていなかったわけだし、グループがこうやって顔を合わせることは常に良いことだ。我々はほとんどしっかりした練習をすることができていないわけだが、分かっていることも沢山ある。それを思い出すだけで十分なんだ」


【FIFAウイルスについて】

「代表に来た選手は、その後彼らのクラブでより良いプレーを見せているよ」


【ルーマニアとの試合に向けて】

「我々は彼らをよく知っている。監督の手腕も光っているし、よく組織されているチームと言えるよ」

「我々は良いプレーをしたいと思っているし、最高の形でEUROへの準備をして行きたいと思っている。この試合はタフな試合になるだろうね。我々はセルヒオ・リコも含め、全員を起用しようと思っているよ」


【アドゥリスについて】

「アドゥリスは他の選手と同様にこのチームのプレースタイルに順応できるはずだ。このチームと互換性の無い選手は1人もいないのだよ」







【プレースタイルについて】

「変化させるつもりはない。この前の試合のデータを見たら、イタリアより我々の方がポゼッションが高かったが、実際のところ、試合の一部で我々は苦しんでいた。後方でのポゼッションは時には有害となるし、前方でプレーしようとする考えを持つことは良いことだと言えるだろう」


【EUROの招集リストについて】

「まだ本大会まで2か月あるし、完成には至っていない。今のものから大きく変わることはないと思うが、誰に対しても招集への扉を閉じてはいないよ」


【クライフについて】

「彼がバルサの中でスタイルを確立し、それが現在も生き続けているのは間違いない」


【ピケの生配信アプリの利用について】

「ピケのような人間がサッカーにとってプラスとなる開放感や近代感を与えてくれていると言えるね」


【監督としての疲労感について】

「疲れは感じていない。最後まで戦いを続ける準備はできているよ」








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ