スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「サッカーでは気を抜けば、その代償は高く付く」(ヴォルフスブルクvsレアル・マドリード:前日会見まとめ)


【ヴォルフスブルクとの試合に向けて】

「明日の試合は難しい試合になるだろう。彼らはリーグ戦で苦しんでいるが、それはこの舞台では意味のないことだし、彼らはここにいるのに相応しいチームなんだ。我々は自分たちの試合をし、良いプレーができるように試みて行くつもりだ」

「彼らはかなり危険なチームだ。プレーする術を知っているし、強靭なフィジカルとスピードがある。我々を苦しめるのは間違いないね。ただ我々はレアル・マドリードであるし、我々のプレーを披露したいと思っているよ」


【CLの本命について】

「全てのチームが優勝の本命だ。我々はこの試合から1試合1試合が決戦となることを分かっている。サッカーでは気を抜けば、その代償は高く付くものなんだ。我々は良い瞬間を迎えているが、集中を高めるべきだと言える。私が気にしていることはそれなんだ」


【クラシコについて】

「私は選手の手で勝利を勝ち取ったという事実だけに満足している。カンプ・ノウで勝利を挙げることは簡単ではないんだ。しかし、この試合の前から“我々は良い状況のなかにある”と私は言っていた。これからはより難しい時期が待ち構えているし、今はこれを続けて行く必要がある」


【ハメスとイスコの起用について】

「それについては指揮官の仕事における難しい部分だと言えるよ。彼らはクオリティの高い選手であるし、私も彼らを起用したいと思っている。彼らがプレーできないというのは心苦しいね。しかし、私は22人の選手から11人を選ばなければならないんだ」

「ただ、彼らはいずれ我々のもとで活躍を見せてくれるはずだ。私は彼らがどんな選手なのかを知っているし、私は彼らがやってくれることに大きく注目しているよ」







【BBCについて】

「彼らは良くやってくれている。守備面において、より多くのことを彼らに求める余地があるのは間違いないが、現在の彼らは役割を全うしてくれている。現在の彼らの基本的なミッションは攻撃だが、難しい試合では後方での仕事もしっかりこなしてくれているよ。タイトルを勝ち取りたいと思うなら、我々は団結してプレーしなければならないんだ」


【セルヒオ・ラモスについて】

「度重なる負傷がありながらも、彼は自身の最高のレベルに近づいていると言える。退場については、あのような試合では常にギリギリのプレーが必要となるものなんだ。私は彼の働きに満足しているよ。彼はチームのキャプテンであるし、これからも常に重要な存在であり続けるはずだ」


【カゼミロについて】

「彼は自分の仕事をよくやってくれている。彼は常に質問をしてくるのだが、常に向上心を持っているというのは、指揮官にとって喜ばしいことだね」


【カルバハルとマルセロについて】

「彼らは重要な存在であるし、私は彼らの働きぶりに満足している。我々の最初の課題は守備なのだからね。しかし、攻撃面においても彼らはプラスの働きをしてくれているよ」


【ダニーロについて】

「カルバハルと同様にスタメンの可能性はある。明日の試合を見てみよう」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ