スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「我々の目標は勝ち点3の獲得であり、それ以上のことはない」(レアル・マドリードvsエイバル:両監督前日会見まとめ)







ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【ローテーションとC・ロナウドについて】

「明日もクリスティアーノはプレーする。ローテーションは行うが、それは明日の試合に勝利するためだ。火曜の試合(CL)はまた別の試合だよ」


【ファンとCLの試合について】

「ファンは我々と共にいてくれるはずだ。火曜は我々の今シーズンが懸かった試合であり、そのことを我々はよく分かっている。私は困難な状況に立ち向かうのが好きであるし、それはファンもそうだ。今は厳しい時と言えるね。誰も水曜のような試合は望んでいなかったが、既に起きてしまったことなんだ」

「詰まるところ、あの試合での敗北の原因は私にあると思う。インテンシティの欠如は見受けられなかったんだ。特に後半ではより多くの距離を走っていたのだからね。しかし2つのミスから2つのゴールを許し、我々はそのビハインドを跳ね返すことができなかった」

「序盤からしっかり試合に入ることもできていたと言える。また、私は審判の決定についての議論に参加するつもりはない」

「1人や2人の選手を責めることは簡単だが、私は別のことをすることの方が好きなんだ」


【エイバルとの試合に向けて】

「力強く試合に入り、相手にチャンスを与えてはならない。我々は試合を難しいものにしないためにすべきことを分かっているよ」

「我々は勝ち点を1点も失ってはならない。我々の目標は勝ち点3の獲得であり、それ以上のことはないんだ」


【シーズン終了後について】

「その時何が起きるのかを見てみよう。ただ現在の私は落ち着いているよ」


【ヴァランとベンゼマの状態について】

「カリムは膝に負った打撲の痛みが引いていないし、2人とも別メニューでの調整を続けさせるつもりだ。2人が火曜の試合で起用できる状態になることを私は期待している」


【乾貴士について】

「彼はエイバルにとっての重要な選手だ。日本では多くの人が彼を見てると思うが、リーガに日本人選手がいて、良いプレーを披露しているのは良いことだね」












ホセ・ルイス・メンディリバル(エイバル監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「相手がリーガよりCLのことを考えているのは普通のことだ。彼らはリーガのことを忘れようとしていると言いたくないだろうが、彼らが優勝を飾るためには、目の前の全ての試合に勝利し、前の2チームのつまづきを生かさなければならないんだ」

「我々は何かを得ようという意思と共に試合に臨む。我々は残留を確定するために足りていないものがあることを分かっているし、できるだけ早くそれを掴み取りたいと思っている。ベルナベウで勝ち点を獲得するのが難しいことは分かっているが、我々は希望を持っているんだ」

「何が起こるかは分からないし、我々は勝ち点獲得への野心を持って試合に臨むんだ。得点を奪うことができれば、勝利の可能性がより大きくなることは分かっているが、相手がホームでどんな戦いをしているのかも我々は分かっている。得点を決めるだけでなく上手く守る必要があるし、数回の攻めのシーンの中で、パニックを引き起こすような危険なシーンを作らなければならないね」

「相手はゴールを奪うのに特別なことを全くする必要がないチームであり、世界最高のチームの中でもスーパーなチームであると言える。間違いなくCLの試合と同じメンバーで試合に臨むことはないだろうが、彼らの選手は皆が優れているし、チームとしてのレベルは変わらないだろう」


関連記事
スポンサーサイト