スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】レアル・マドリードvsヴォルフスブルク(CL15-16準々決勝第2戦)


CL15-16準々決勝第2戦
(会場 : サンティアゴ・ベルナベウ[スペイン:マドリード])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レアル・マドリード3 - 0


-TOTAL-

3 - 2
ヴォルフスブルク
1 - 0 (16分)

レアル・マドリード : C・ロナウド
2 - 0 (17分)

レアル・マドリード : C・ロナウド
3 - 0 (77分)

レアル・マドリード : C・ロナウド





・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(レアル・マドリード)
GK:K・ナバス(1)
DF:ペペ(3)、S・ラモス(4)、マルセロ(12)、カルバハル(15)
MF:クロース(8)、カゼミロ(14)、モドリッチ(19)
FW:C・ロナウド(7)、ベンゼマ(9)、ベイル(11)

(ヴォルフスブルク)
GK:ベナーリオ(1)
DF:ヴィエリーニャ(8)、ダンテ(18)、ナウド(25)、R・ロドリゲス(34)
MF:ドラクスラー(10)、B・エンリケ(16)、L・グスタヴォ(22)、ギラヴォギ(23)、アルノルト(27)
FW:シュールレ(17)


・両チーム初期フォーメーション

20160413formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20160413sub1.png












・試合レポート:「エースのハットトリックでベスト4入り」

 逆転での勝ち上がりに向けて、3点差以上での勝利が必要なレアル・マドリード。第1戦後に批判の標的となっていたダニーロに代えてダニエル・カルバハルを起用した以外は、第1戦と同じメンバーを起用して試合に臨んだ。

 序盤から相手を押し込むホームチームは16分に1点を奪取。カルバハルの右からの折り返しのパスが相手DFに当たり、ファーでフリーとなっていたクリスティアーノ・ロナウドにこぼれると、“背番号7”はこのチャンスを逃さず、冷静に蹴り込んだ。

 1点を返し勢い付いたレアル・マドリードがトータルスコアでの同点弾を奪ったのは、その1分後のことだった。左CKから再びC・ロナウドがゴールネットを揺らして、トータル2‐2。

 レアル・マドリードの攻撃力をまともに食らう形となったヴォルフスブルクだったが、ユリアン・ドラクスラーが負傷交代となってすぐの34分に、ルイス・グスタヴォが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、38分にはブルーノ・エンリケがペナルティエリア内でシュートを放ち、アウェーゴールに近づくシーンを作り出す。

 後半に入ると、完全に拮抗した展開に。66分には、CKからのS・ラモスのシュートが右ポストに当たってゴールインしたかに思えたが、すんでの所でGKがキャッチし、得点とはならず。しかし、その11分後に新たなゴールが生まれる。レアル・マドリードがペナルティエリア手前でのFKを得ると、C・ロナウドが右足で放ったシュートがゴール右に突き刺さり、トータル3‐2。

 “背番号7”のこの試合3点目が決勝ゴールとなり、レアル・マドリードは大逆転での6シーズン連続CL準決勝進出を果たした。

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ