スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「周囲の楽観的な雰囲気は私の好きなものではない」(ヘタフェvsレアル・マドリード:両監督前日会見まとめ)







フアン・エスナイデル(ヘタフェ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「相手の持つ力を我々は分かっているが、我々にもチャンスはある」

「我々は自分たちの可能性を信じなければならない。相手はモチベーションが高い状態でやって来るわけだが、我々は自分のことを信じているんだ」


【監督就任後のトレーニングについて】

「3回行えた練習の内容に私は満足している」

「我々が最も力を入れたのは精神面だ。この3日間、選手たちはとても真摯な姿勢で練習に望んでくれていたよ」


【負傷者について】

「カラやゴイトムのように違和感を抱えている選手が何人かいるのは確かだ。待つ必要があるが、いくつかの変更は避けられないだろう」

「ベラスケスが試合に出るのは難しい。彼はまだ回復していないんだ」


【チームの攻撃面について】

「チームの決定力向上を我々は狙っている。1トップか2トップかは試合を見てみよう」

「我々が攻撃面において底上げを試みているのは、ストライカーたちだけでなく、チーム全体なんだ」


【C・ロナウドについて】

「彼の能力は分かっているが、我々は彼に対して抵抗を試みるつもりだ」












ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【チームに対する批判について】

「我々はやるべきことをやり、勝利のために全力を尽くす必要がある。批判についてはあまり私は気にしていない。そうしたものは負けた時に出てくるものなんだ」


【CLの抽選結果について】

「次のラウンドは準決勝であり、相当難しい戦いになるのは間違いない。唯一のポジティブな事柄と言えば、第2戦をベルナベウで戦うことができるということくらいだろう」

「相手はシティであり、難しさがあることは分かっている。我々は決勝進出に向けていつも通りの準備を行うつもりだ」


【ヘタフェとの試合に向けて】

「残りの全ての試合に勝利すればリーガを制覇できるかどうかは、私には分からない。今のところ我々は3位であり、まずは現在の2位のチームであるアトレティコを抜かす必要がある」

「明日の試合は私の好みの試合ではない。なぜなら、我々が簡単に勝利するだろうと思われているのだからね。我々は監督が変わった残留を争っているチームと対戦するわけであり、試合はかなり難しいものになるはずなんだ」

「我々は13ポイントの差を4ポイントに縮めたわけだが、今はガードを下げるタイミングではない。今の周囲の楽観的な雰囲気は私の好きなものでないんだ」


【ベンゼマとEURO2016について】

「彼とは話をした。私はフランスサッカー連盟の“彼を招集しない”という決断に介入するつもりはないが、選手本人はショックを受けているし、失望している。彼は素晴らしい選手であるし、代表チームに貢献できる可能性は大いにあると言えるよ」

「私は彼のパフォーマンスが維持されるように全幅の信頼を彼に対して置く必要がある。ただ、判断が正当かどうかについては、コメントするつもりはない」


【ローテーションについて】

「ヘタフェではいくつかの部分で行う予定だ」


【グリーズマンについて】

「彼は本当に良くやっているし、彼のパフォーマンスは素晴らしいものと言えるよ。このことはフランス代表にとってとても良いことだね。世界中の誰もがEUROの重要性を分かっているし、全ての選手に大きなプレッシャーが存在している。あの大会で最後までたどり着くのは本当に難しいんだ。間違いなく私はフランス代表のファンの1人であるし、彼のような選手が代表で大きな役割を担ってくれることを期待しているよ」


【バルセロナの不調について】

「我々が何かを成し得るためには、前を走るチームがつまずく必要があるが、私がコメントできるのは我々がやっていることについてだ。フィジカル面では、我々は全てを懸ける局面に向けて向上を続けていると言える。私は我々がやっていることに満足しているし、もし何かを勝ち取れるなら、それは我々が団結してハードワークをしているからだろう」

「最後にタイトルを勝ち取れるのは1チームだけだが、私はバルセロナに起きていることについてコメントするつもりはない。私が好きなのは、他のチームの不調ではなく自分のチームの好調なんだ。我々はやるべきことを上手くやることに集中しているし、それを継続して行くつもりでいる」


【C・ロナウドについて】

「彼については心配をする必要はないんだ。常にゴールを生み出すことができるのだからね。彼は全てに対して幸せを感じているし、我々は選手たちが常に快適にいられるように試みて行くつもりだよ。もちろん明日も彼はプレーする予定だ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ