スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「現在は最高の時ではないが、それもシーズンの一部だ」(バルセロナvsバレンシア:両監督事前会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【バレンシアとの試合に向けて】

「監督が変わって、我々には参考にできる試合が2試合しかない。変わった部分もあるが、ベースの部分は同じだと言えるだろう。我々の目的は首位のキープなんだ」


【CLの敗退について】

「(現行大会の連覇は)誰も成し得ていなかったものであるし、我々の目標の1つだったというのは普通なことだ。今我々ができることは何もないし、CLのことは忘れるべきと言える」

「失望を完全に消化することは難しいことだが、我々はプロのチームであり、もう1つの目標に挑んでいる。リーガとコパの2冠という目標にね。苦しみを強いられることになるだろうが、希望を持って立ち向かっているんだ」


【チームの低調について】

「我々は悪い時期を迎えていたが、それは私にとっては既に過去のことだ。不調の要因は1つだけではなく様々なものがあるが、全てを明らかにするつもりはない。我々は不屈の精神で敗北と向き合っているし、私はポジティブな物事に目を向けている。残りはリーグ戦6試合と決勝1試合だ。チームがどんな回答を出すことになるのか見てみようじゃないか」


【ファンに対して】

「我々は彼らのサポートを常に求めているし、困難な状況にあれば尚更それが必要なんだ。私は彼らが希望を失っていないことを知っている。その希望において、我々の選手は唯一無二の存在であるし、彼らは我々をサポートしてくれるはずだ」


【精神面の疲労について】

「それは存在していない。常に我々は最高の目標を設定しているし、それへの意欲は今後も維持されるだろう」


【二冠達成の目標について】

「達成は可能だが、今の私が集中しているのバレンシアとの試合だ。我々の現在の状況もあって、この試合は難しいものであると言える。ミスを少なくして、良いサッカーをする必要がある。現在は最高の時ではないが、それもシーズンの一部なんだ」


【今週の過密日程について】

「バレンシアとの試合に集中しているが、その一方で1週間でリーガの試合を3試合戦わなければならないことは分かっている。我々はハードワークをしなければならないし、今まで以上に強くなければならない。団結する必要もあるし、ファンのサポートも必要になるだろう」


【決定力不足について】

「繰り返しになるが、原因は1つだけではない。その理由を私は口にしたいが、このスポーツは複雑なものなんだ。チームと共に分析は行ったし、良い結果の実現に向けてポジティブになる必要があると言えるね」


【フィジカルコンディションについて】

「分析は行っている。そのためにGPSを用いて練習をしているんだ。我々は昨シーズンよりフレッシュな状態と言えるし、データもそう示している」


【トリデンテの不調について】

「選手個人を責めるのは不当と言えるし、この状況の中で私はそれをするつもりはない。責任は私にあって、他の者にはないんだ」


【テア・シュテーゲンについて】

「サッカーにおいてセオリーというものは存在しない。彼がこれから1試合以上プレーするかどうかは見てみよう」











パコ・アジェスタラン(バレンシア監督)事前会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「コパでの7-0は過去の話だ。詰まるところ、両チーム共に現在とは違う状況での対戦であったし、その結果のことは我々の頭の中にはない」

「常に我々はここまでやって来たことの実践の場として試合を捉えている。この試合はリスクの試合では全くないし、むしろしっかりプレーしないことの方がリスクと言えるんだ」

「0-1での勝利が望ましい結果だ。バルサのようなレベルのチームとの対戦は、常に難しいものだが、常に私はこういう試合から結果を勝ち取ることを狙っている。重要なのは、我々がやって来たことを信じ続けることなんだ」

「相手のポゼッションが高くならないように試みるが、多くの時間でボールを持てないことになるのは分かっている。その状況を上手くコントロールする術を知っておく必要があると言えるね」

「恐れは全く存在しない。チームは集中できているし、向上する意欲を持っているんだ」


【現在の精神状態の影響について】

「どんな試合でもメンタルは影響を及ぼすものだ。ただ、バルサのようなクラブの場合、連続で結果が出ていない時は、逆にそこから抜け出す時が近いと言える」


【フェグリの処分について】

「AFEや選手と交渉を行っていたこのクラブは、処分日数の規定に基づいて合意に達している」

「彼とは話をしていないが、再合流した時に話をすることになるだろう」


【チェリシェフについて】

「彼はただの打撲だ。全ての物事は期待したように運ぶだろう」











関連記事
スポンサーサイト