スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「勝利できれば、我々は自信を高めることができる」(デポルティーボvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







ビクトル・フェルナンデス(デポルティーボ・ラ・コルーニャ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「彼らがセンセーショナルなシーズンを過ごしているのを目にしていたが、急にプレー面でのスランプに陥ったのには驚きだったと言えるだろう」

「彼らに対する無敗が続くことを私は願っているが、もちろん試合は難しいものになるだろう。バルセロナのような強力なチームは、あのような状況にいる場合、最高の力を発揮してくるのだからね」

「我々は自分たちのチャンスの創出を試みて行く。そのための準備はできているんだ」

「他の全ての試合と同様に最大級の意欲を持って試合に臨み、最高の試合にするつもりだ。いつも通りに我々のファンに対する勝利のプレゼントを狙って行くよ」


【リアソールでの試合について】

「我々はファンに借りがある。ただ、ビジャレアル戦やバレンシア戦、ラージョ戦、ベティス戦、マラガ戦では、チームはとても良いレベルの戦いが披露できており、多くのチャンスを作っていた。それでも、これらの全ての試合で我々は1勝も挙げられなかったんだ」


【リーガの優勝争いについて】

「拮抗した争いとなっているね。本命のチームの名前を挙げるつもりはないし、優勝の確率を3チームで分け合っているとも言えるよ。スペインではバルサとレアル・マドリードの2つについて話されがちだが、物凄い競争力を持つアトレティコにも注意するべきだね」












ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【デポルとの試合に向けて】

「最近2試合のデポルとの試合に良い思い出はない。カンプ・ノウで2試合連続で引き分けているのだからね。彼らには我々を問題に直面させることができる力があるんだ」

「重要なのは最高の形で試合を始めることであり、最悪のシナリオはバレンシア戦で起こったものと言える。あの試合での我々は、5つの明らかな決定機を作ったが、相手チームにオウンゴールで先制点を与えてしまったんだ」

「我々は相手を上回ることを狙うし、こうした目標は今までと変わらない。選手たちはプレッシャーを受けることに慣れているんだ」


【バルトラについて】

「ここまでの彼の状況は少し望ましくないものと言えるだろうが、彼はしっかり準備をして来たし、この特別な瞬間のために努力をして来た。彼は決して諦めなかったし、このチャンスに相応しい人間なんだ」

「彼はレギュラーの選手のような姿勢で練習をこなしている。彼は自分自身を信じる必要があると言えるね」


【ポジティブな考えの維持について】

「私ができる唯一のことは、選手たちの姿勢と自信に頼ることだ」

「逆境というものは嫌いではない。私はそういう人間なんだ」


【ネイマールとコパ・アメリカについて】

「今、彼の興味は明日のプレーに向いている。他のことについては、そのための時間がいずれ訪れるだろう。我々には長い夏がある」


【優勝争いについて】

「私の興味はバルサ自身のことだけだ。我々は最大級の厳しい局面にあり、明日の試合はピッチ的にも相手的にも難しいものになるだろうが、その試合に勝利しなければならない。我々が勝利できれば、自信を高めることができるだろう」

「サッカーとはサプライズを与えるものであるが、リーガを勝ち取るのは38試合を総合しての最高のチームなんだ。これからの5試合で最高のチームというわけではない」


【前の会見でのビクトル・マロ記者の質問に対するスルーについて】

「確かにスルーしたが、謝罪する必要は存在しない。私は誰に対するリスペクトも欠いていなかったが、多くのメディアはプロフェッショナルな人物に対するリスペクトが欠けているんだ。もし私のスタイルが気に入らないとしても、私はあまり気にならないよ」


【戦術面について】

「試合を通してシステムの変更はしばしば行われる。プレーアイディアは同じだが、スペースというのは変化を続けるものだからね。我々は様々なプランを使用しており、そのために我々コーチ陣は存在しているんだ」


【前線でのローテーションを行わない理由について】

「そのテーマについてコメントする必要は存在ない」


【出場停止のピケについて】

「彼はこのチームのリーダーの1人であり、我々をサポートしてくれるはずだ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ