スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「我々はまだ何も勝ち取っていない」(レアル・マドリードvsビジャレアル:両監督前日会見まとめ)







ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【ガレス・ベイルについて】

「明日の試合には出場しない。ただの違和感であることを我々は願っているが、見てみる必要がある」

「スペイン語も日に日に上達しているし、彼との関係はとても良い。彼はこのチームの重要な選手なんだ。ただ彼はまだ若いし、向上の余地があると言えるね」


【ダニエル・カルバハルについて】

「彼は違和感を抱えていて、怪我の内容は強い打撲だと思う。明日の試合は欠場するが、それ以上のことをコメントすることはできない」


【リーガとCLの優勝争いについて】

「我々はまだ何も勝ち取っていない。我々は良い状況にいるが、我々がこれから勝利を多く手にできると話されているのは、私は好きではない。我々は2つのコンペティションの優勝を争うチャンスを手にしているが、とにかくまだ何も手にしていないんだ。選手たちも同じ考えを持っていることは良いことだね。彼らはやるべきことに集中しているんだ。試合は簡単なものにはならないだろう」


【ファンについて】

「彼らには我々と共にいてくれることを要求したいが、彼らがいつも通りチームをサポートしてくれることは分かっているよ」


【タイトル獲得の可能性について】

「タイトルにどんどん近づいているし、可能ではあると言える。ただ、まだ手中に収めてはいないんだ。我々は最後まで戦うし、最後までハードワークを続けることを約束したい」


【バルサとアトレティコの残り試合について】

「彼らは全てで勝利を挙げると見ている。それだから私は最後までハードワークを続ける必要があると言っているんだ。上位2チームは勝ち点で並んでいるが、彼らには力があるし、良いシーズンを過ごしている。追い抜くことは簡単ではないだろう」


【バルサの不調について】

「そのことについては考えていないし、私は自分たちのすべきことに目を向けている。シーズンには難しい時期も存在するが、彼らはまだ首位なんだ。我々は何かを成し遂げられるという希望を持ち続けなければならないね。我々がすべきことは、全ての試合での勝利なんだ」


【ビジャレアルとの試合に向けて】

「デニス・スアレスは良い選手であるし、ビジャレアルはとても難しいチームだ。守備のやり方を分かっているチームであるし、彼らとの対戦では常に苦戦を強いられるんだ」

「良い準備と難しい試合になるという想定が必要だ。良い入りができれば、良い成果を挙げることができるだろう」


【チームのリーダーについて】

「我々には経験豊富な選手が揃っているんだ。リーダーは沢山いるし、1人に絞って名前を挙げることはできない」


【リーガの本命について】

「誰もいないか3チーム全てかのどちらかだ」












マルセリーノ・ガルシア(ビジャレアル監督)前日会見まとめ


【負傷者について】

「大腿に問題を抱えるソルダードもプレーできないし、膝に打撲を負っているビクトル・ルイスも出場微妙だ。既に5人も欠場確定選手がいるわけで、スタメンを作るための苦労は今回も続いていると言えるね」

「相手は良い状況にある。ゴールを簡単に奪えているし、それはベルナベウなら尚更だ。明日は彼らにとっての良い日とならないことを願っているよ。リーガの行方を左右する一戦であっても、あくまでシーズンの一部分であるし、私から睡眠時間を奪うことはないんだ」


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「我々はどんなチームにも立ち向かう。実際、我々はホームで強豪相手に良い結果を挙げてきている。かなり難しい90分になるだろうが、我々は相手に生じた歪みを上手く活用できるように狙って行くつもりだ」

「6日間で3試合を戦わなければいけないというのは、もう1つの困難な要素だと言える。しかし、我々は何かポジティブな成果を得られるという希望を持って試合に臨むよ」


【ベルナベウで勝てていないことについて】

「我々にとって、今がジンクスを打ち破るのに最高のタイミングではないのは確かだが、サッカーはサッカーだ。それを達成するためには効率性のあるチームとなる必要があるね」


【レクレ時代の勝利について】

「何年も前のことであるし、しっかりと覚えていない。予想外の勝利だったと言えるよ」


【ベイルとカルバハルの欠場について】

「2人の欠場より我々の選手が全員揃う方が良い。相手選手の欠場という事実は、私を慰めはしないんだ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ