スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「もちろんC・ロナウドはこの試合でプレーしたいと思っているが…」(ラージョvsレアル・マドリード:両監督前日会見まとめ)




パコ・ヘメス(ラージョ・バジェカーノ監督)前日会見まとめ


【自身へのプレッシャーについて】

「プレッシャーは全くない。このクラブの良い点の1つが、大きなプレッシャーがない中でプレーできるということだ。我々にあるのは、希望と意欲とファンのサポートだと言えるね」


【ジダンの手腕について】

「私はチームを率いる難しさを理解しているし、他の監督の手腕に裁きを下すことはないタイプの人間なんだ。しかしながら、彼は扱うのが難しいチームを率いるために十分過ぎる力を持った監督だと言える。彼が成功し、彼の立場を楽しめることだけを私は祈っているよ」

「彼は困難な状況の中でチームに到着し、CLとリーガを狙うために必要だった安定性をもたらしたと言える。ここまでの結果が彼の働きをサポートしているね」

「レアル・マドリードは明確な結果を必要とするクラブだ。ただ、タイトルを1つも獲得できなかった場合に、クラブが彼を信頼し続けたとしても、それを理解することはできるだろう」


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「彼らに勝利することは可能だ。しかし、それが難しいミッションであることも分かっている。我々の選手には最大級の献身と力の発揮が求められていると言えるね。勝利が難しいと分かっていても、良い結果を得ること以外のイメージが我々の頭の中に生じることはないだろう」

「正確なプレーと良い守備を実現し、良いサッカーを展開する必要がある。そして、我々が彼らを上回ることができることを証明しなければならないね」

「我々はできるだけ最高な試合ができるように試みて行く。私が心配しているのはレアル・マドリードより物事を上手くできるかどうかということだ。それ以外に彼らに勝利する方法はないのだからね」


【前半戦の大敗について】

「ただの1試合であるし、思い出す必要があるとも考えていない。リベンジ以外に考えるべきことがあると言えるし、必要のないことを考えるのは労力の無駄なんだ。我々は勝利を目指さなければならないし、やるべきことを分かっている必要がある」


【C・ロナウドの不在について】

「彼は相手の重要な選手であるし、チームの顔とも言える選手だ。早く良くなることを私は願っているよ。ただ、相手は誰の不在も大きな影響とならないほど十分に規模が大きいチームなんだ」


【残留に向けて】

「どれが簡単でどれが難しい試合かというのを知るのは困難だと言える。私が望むのは全てのチームが誇りやプロ意識を持って戦ってくれることだ」

「残留はあと1勝で間違いないものとなるはずだ」


【リーガの優勝チームについて】

「私が優勝して欲しいチームが今シーズンに優勝することはない。それは我々なのだからね」

「複雑な争いになる予感はしている。バルサがデポルティーボに大勝したのは事実だが、それでもなお、優勝チームの明確な予測は誰もできないだろうね。私はバルサかアトレティコが優勝すると予想しておくよ」


【ベイルのゴルフについて】

「私なら『彼とゴルフに行きたい』と思うだろうし、怒っただろうね。誰もが自分が必要とするものを分かっているし、恐らく彼の場合はゴルフのプレーが必要だったのだろう。息抜きが必要な時は、私ならゴルフ場を散歩するね」


【スタンドのファンの存在について】

「レアル・マドリードに影響を与えることは不可能だが、我々にはプラスの影響が働くだろう。15000人のファンは我々を前進させてくれる存在であるし、ファンというものは重要な要素であるべきなんだ」












ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【クリスティアーノ・ロナウドについて】

「明日の試合ではプレーしない。エコー検査とMRI検査を行い、大きな怪我でないことは分かったがね。問題は彼が常にプレーしたいと思っていることだと言えるね」

「もちろん彼はこの試合でプレーしたいと思っているが、その一方でそれが不可能だということも分かっている。今は火曜の試合のことを考える必要があるんだ。私は明日の試合が決勝だったとしても、その試合で彼がプレーするとは思わない。今試合に出るのはリスクが大きいんだ」

「彼は外すことができない選手だ。そのことは彼の挙げている数字が示している」

「彼の代わりに入る選手については、候補の全員が良い状態にあるし、あとは選ぶだけだと言える。似たような特徴を持つ選手を起用する見込みだよ」

「選手が全ての試合でプレーしたいと思うものであるということは、心に留めておくべき事柄であるし、C・ロナウドも全ての試合でプレーしたいと思っている。彼のそういう姿勢は評価・尊敬すべきものであると言えるね」


【セルヒオ・ラモスについて】

「彼とは一緒にプレーしたことがあるし、とても良い関係を築いている。彼は我々のキャプテンであり、私同様にこのクラブをよく知っているんだ」


【ラージョとの試合に向けて】

「難しく厳しい試合になるだろう。ピッチは小さく、相手チームはプレーの仕方を知っているんだ。ただ、我々は集中できているし、良い状況の中にある。明日の勝ち点3は重要なものであるし、それに向けてハードワークするつもりだ」


【今後のリーガ日程について】

「残り試合は最悪と呼べるものではない。難しい試合ばかりだろうがね。我々はすべきことを分かっているし、全勝を目指すよ」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「彼は重要な選手だ。ただ、我々のもとには24人の選手がいて、私は決断を下し、11人を選ぶ必要がある」

「試合に出た彼は良いプレーを見せているし、得点も決めている。決断を下さなければならないというのは、指揮官の難しい部分であると言えるね」


【ガレス・ベイルについて】

「彼は回復し、練習もしっかりこなしている。明日はプレー可能だと考えているが、どうなるか見てみよう」


【ラファエル・ヴァランについて】

「彼はとても良いプレーを見せていると思うし、代表を含めた様々な試合でプレー可能なレベルの選手であることを示しているよ。彼はとても真摯でプロ意識のある選手だ。更に、常に向上しようという姿勢がある。彼は特別な選手であるし、彼が手元にいることを嬉しく思うよ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ