スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】マンチェスター・シティvsレアル・マドリード(CL15-16準決勝第1戦)


CL15-16準決勝第1戦
(会場 : シティ・オブ・マンチェスター[イングランド:マンチェスター])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
マンチェスター・シティ0 - 0レアル・マドリード





・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(マンチェスター・シティ)
GK:ハート(1)
DF:サニャ(3)、コンパニ(4)、クリシー(22)、オタメンディ(30)
MF:フェルナンド(6)、J・ナバス(15)、デ・ブライネ(17)、シルバ(21)、フェルナンジーニョ(25)
FW:アグエロ(10)

(レアル・マドリード)
GK:K・ナバス(1)
DF:ペペ(3)、S・ラモス(4)、マルセロ(12)、カルバハル(15)
MF:クロース(8)、カゼミロ(14)、モドリッチ(19)
FW: ベンゼマ(9)、ベイル(11)、L・バスケス(18)


・両チーム初期フォーメーション

20160427formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

20160427sub1.png












・試合レポート:「守護神ハートの牙城を破れず」

 大逆転で4シーズン連続でのベスト4入りを果たしていた、ジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリード。その大逆転の立役者であったクリスティアーノ・ロナウドが怪我の影響でベンチ外となったものの、それ以外はベストメンバーと呼べるスタメンで敵地シティ・オブ・マンチェスターでの第1戦に臨んだ。

 前半は互いに明確な決定機がなかなか生まれない展開に。ダビド・シルバの負傷交代というアクシデントが起きた一方で、互いに枠内シュートを放つシーンは1本もなく、前半を0‐0で折り返す。
 
 状態が万全でなかったベンゼマに代えて、ヘセ・ロドリゲスが開始から投入された後半も、拮抗した展開は継続。54分の右CKからのS・ラモスのヘディングシュートがGK正面となると、71分の右クロスからのヘセのヘディングシュートは、今度はクロスバーに阻まれてゴールとはならない。
 
 その後もシュートは放つレアル・マドリードだったが、79分の左CKからのカゼミロのヘディングシュート、82分の左CKの流れからのペペのシュートは、共に相手守護神ジョー・ハートの好セーブに遭遇。結局最後までゴールネットを揺らすことはできず、0‐0での第1戦終了となった。

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ