スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

シメオネ「メンタルの強さが試合のカギを握るだろう」(バイエルン戦前日会見まとめ)


【バイエルンとの試合に向けて】

「我々の目標は勝利だ。これは他の全てのチームと同じだと言える」

「第1戦の前半の我々はプレスやトランジション、インテンシティによって快適なプレーができていた。明日の試合ではメンタルの強さが試合のカギを握るだろう」

「我々は自分たちのスタイルに忠実であり続けるんだ」

「『毎試合、私の中で恐れが生まれている』と明言するのは、恥ずかしいことだとは思わない。常に『明日にはそれを取り除くことができる』と考えているのだからね」


【2年前との変化について】

「カラスコやコレア、ビエット、サウールなど、新たな選手がやって来たり、若手選手が台頭したりと、選手の顔触れの面では大きな変化があったと言える。これは素晴らしいことだね。内部競争は、他のチームとの試合での競争力を高めてくれるんだ。我々のもとにはアトレティコでプレーする意味を理解した選手が揃っているよ」







【チャビのコメントについて】

「私はあらゆる意見を尊重するし、サッカーにおいては誰にも道理というものがあるものだ」

「指揮官の仕事を始めて以来、私は『選手の力を最大限に引き出すことが、監督としての最大の誇りに繋がる』と常に解釈してきた。“自身のプレーアイディアを前面に出す”ということではなくてね。自分のアイディアにフィットした選手を選択できるのは、代表監督になった場合だけなんだ」


【ゴディンについて】

「彼は自分の重要性を示してきたし、彼の出場はチームにとって重要なことだと言える。ただ、サヴィッチ、J・M・ヒメネス、リュカもとても良い選手であるし、その事実は我々に希望を抱かせてくれているよ」


【チョリスモについて】

「私にとって重要なのは勝利だけだ。私は誰かに好かれるためではなく、勝利のために力を尽くしている。そして雇ってくれているクラブのために働いているんだ」


【リーガでのベンチ入り禁止について】

「スタンドからの方がよく見えるのは確かだが、助監督に情報を伝えることは不可能なんだ。ピッチレベルの方が、その中で起きていることにより関わることができると言える」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ