スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「選手たちはプレッシャーに慣れているはずだ」(グラナダvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







ホセ・ゴンサーレス(グラナダ監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「物事を上手くやれば彼らが勝利を得るだろうが、我々はそれが起きないように試みるつもりだ」

「カウンターはこの試合での我々の武器となり得る。バルセロナに一撃を食らわすことができる可能性の高い要素がスピードなんだ」

「我々が良い結果を得るためのカギは守備にある。相手の攻撃陣の力は途轍もないものなんだ」

「戦う相手が誰なのかを我々は良く分かっているし、できるだけ最高の形で我々の武器を有効活用して行きたいと思っている。難しい挑戦の試合だが、彼らのレベルに到達できるように試みて行くよ」

「勝利できれば苦しかったシーズンの良い締めくくりとなる。ただ、我々が残留に相応しいチームだったことは間違いないよ」


【選手起用について】

「我々は既に残留を確定させているが、全ての選手がこの試合でのプレーを望んでいる」

「他のタイプの試合であるなら、多くの選手に褒美を与えたいと考えるが、我々はこの試合にできる限りのプロフェッショナリズムを捧げる必要があるのであり、セビージャやラス・パルマスとの試合同様にベストメンバーで試合に臨むよ」


【グラナダvsラス・パルマスの八百長調査について】

「調査する必要があるものが調査されていると思うが、それぞれの選手のプロ意識に対して疑いの目が向けられていることは遺憾に思う」











ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【グラナダとの試合に向けて】

「難しい試合だが、状況は我々次第だ。他の37試合と同じように試合に臨むよ。先制できれば、それは大きな一手となるかもしれないが、それが決定打となるかどうかは分からないし、私は試合のカギの1つになるとは思わない」

「選手たちはクラブや代表で多くのことを勝ち取って来ているし、このチームは特殊なチームだと言える。プレッシャーには慣れているはずだ。我々は勝利に近づくための物事に集中する必要があるんだ」

「今の我々の目の前にあるのはグラナダとの試合だけだ。国王杯決勝についてはその時に話をすることになるだろう」


【チーム状態について】

「前の試合より良い状態で試合を迎えることができる。重要なのはチャンスの創出なんだ」


【第三者ボーナスの存在の可能性について】

「そのテーマに対して私がコメントする必要は存在しない」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ