スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

デル・ボスケ「我々は決断を下さなければならないし、そのいくつかは痛みを伴う」(EURO向け代表候補リスト発表会見まとめ)


【招集リストの作成について】

「1人を除いて誰にも連絡はしていない。唯一連絡を取ったのはセルヒオ・アセンホで、昨夜どんな状態にあるかを知るために連絡したんだ」

「自分の真価を見せていた選手たちの存在を考えると少し心が痛むが、招集できる人数には制限があるんだ」

「招集リストの作成というのはどんなものでも難しいものだ。決断を下さなければならないのだからね」


【ジエゴ・コスタについて】

「全てのシチュエーションを我々は考慮した。不透明な状態にある選手は招集したくないと考えていたし、彼を招集しないことを選んだんだ。ルーカス・バスケスは彼とは違う状況にあり、現在抱えている負傷から回復できることを我々は確信している」


【フェルナンド・トーレスについて】

「F・トーレスは他の選手たちと同等の可能性を持っていた。それ以上でもそれ以下でもない。外側のアドバイスに関係なく、我々は全ての作業を行ったんだ」


【カソルラとアルカセルについて】

「もし彼らを招集していたら、君たちは他の選手について質問するのだろう。カソルラは5か月間負傷離脱していて、大きな努力をしていたわけだが、不透明な状態の選手を呼ぶつもりはなかったんだ」







【アンドレス・イニエスタについて】

「我々は彼を強く信頼している。ハードなシーズンを過ごしたわけだが、フレッシュな状態でここに来てくれることを願っているよ」


【自身の将来について】

「現在の私の興味は大会だけに向いている。その後の私の意向については君たちも知っているだろうが、私は常にスペインサッカー連盟の意向にも沿って来ているんだ」


【CL決勝と事前準備について】

「欧州コンペティションの決勝にスペインから3チームが進出していることは、ファンタスティックなことだ。ただ、我々にとっては準備の減少も意味する。EUROスタート6日前の4日まで全員が揃うことはないのだからね」


【スタメンのGKについて】

「“その時”に決断を下すことになるだろう」


【マタとマリオ・ガスパールについて】

「我々は決断を下さなければならないし、そのいくつかは痛みを伴うものなんだ」









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ