スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】スペイン代表vsチェコ代表(EURO2016グループリーグ)
EURO2016グループリーグ
(会場 : スタジアム・ド・トゥールーズ[フランス:トゥールーズ])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
スペイン代表1 - 0チェコ代表
【GOAL】
1 - 0 (87分)

スペイン代表 : ピケ







・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(13)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、フアンフラン(16)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、セスク(10)
FW:モラタ(7)、シルバ(21)、ノリート(22)

(チェコ代表)
GK:チェフ(1)
DF:カデジャーベク(2)、フブニーク(5)、シヴォク(6)、リンベルスキー(8)
MF:ゲブレ・セラシエ(4)、ロシツキー(10)、プラシル(13)、クレイチー(19)、ダリダ(22)
FW:ネチド(7)


・両チーム初期フォーメーション

20160614formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
61分:モラタ(7)⇒アドゥリス(20)
70分:セスク(10)⇒チアゴ(14)
82分:ノリート(22)⇒ペドロ(11)

(チェコ代表)
75分:ネチド(7)⇒ラファタ(21)
86分:ゲブレ・セラシエ(4)⇒シュラル(18)
88分:ロシツキー(10)⇒パヴェルカ(15)












・試合レポート:「苦しい戦いも、ピケの1発で初戦勝利」

 再びディフェンディングチャンピオンとしてEURO本大会を迎えたスペイン代表。“過去勝利なし”と相性の良くない6月13日開催の初戦となったが、試合はその呪縛を解き放つものとなった。

 スペインの最初のビッグチャンスは16分。この試合でA代表での100キャップ目到達を果たしたダビド・シルバの右からの折り返しから、アルバロ・モラタがシュートを放つとこれが枠内へ。しかし、これはGKペトル・チェフの好反応に阻まれる。

 その10分後には、アンドレス・イニエスタの鋭い縦パスがペナルティエリア内に向かって走り込んでいたフアンフラン・トーレスに渡るも、その後を相手DFに跳ね返されてシュートには至らず。28分には再びモラタがシュートを放つも、これも相手に阻まれてゴールとはならない。

 いつものポゼッションスタイルで試合のリズムを完全に掌握し始めたスペインは、その後もアタッキングサードへの侵入を繰り返すが、人数をかけて守るチェコを完全に崩すことはできず。前半を0‐0で折り返す。


【“6月13日の呪縛”継続かと思いきや…】

 後半序盤から猛攻を展開するスペインだったが、チェコの粘り強い守備に跳ね返され、前半同様に得点を奪えない時間が継続。逆に65分には右CKを起点にゴール一歩手前に迫られるが、セスク・ファブレガスのギリギリでのクリアによりピンチを回避する。

 アリツ・アドゥリス、チアゴ・アルカンタラ、ペドロ・ロドリゲスを投入し、交代枠を使い切ったデル・ボスケのチーム。0‐0のまま85分を迎え、“6月13日の呪縛”は続くのかと思われたが、87分に遂に試合を動かす。

 左CKを起点とする波状攻撃の中で、ペナルティエリア左後方でボールをフリーで持ったイニエスタがクロスを供給すると、その先にいたジェラール・ピケがボールを頭で沈めて1‐0。その後のアディショナルタイムのピンチもGKダビド・デ・ヘアが防ぎ、スペインは3連覇達成に向けて非常に大きな勝ち点3獲得を果たした。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ