スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】スペイン代表vsトルコ代表(EURO2016グループリーグ)
EURO2016グループリーグ
(会場 : スタッド・ド・ニース[フランス:ニース])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
スペイン代表3 - 0トルコ代表
【GOAL】
1 - 0 (34分)

スペイン代表 : モラタ
2 - 0 (37分)

スペイン代表 : ノリート
3 - 0 (48分)

スペイン代表 : モラタ







・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(13)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、フアンフラン(16)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、セスク(10)
FW:モラタ(7)、シルバ(21)、ノリート(22)

(トルコ代表)
GK:V・ババジャン(1)
DF:H・バルタ(3)、G・ギョニュル(7)、M・トパル(15)、ジャネル(18)
MF:セルチュク(8)、オウズハン(14)、オザン(16)
FW:H・チャルハノール(6)、アルダ(10)、B・ユルマズ(17)


・両チーム初期フォーメーション

20160618formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(スペイン代表)
64分:シルバ(21)⇒ブルーノ(19)
71分:セスク(10)⇒コケ(8)
81分:アルバ(18)⇒アスピリクエタ(2)

(トルコ代表)
46分:H・チャルハノール(6)⇒ヌリ・シャヒン(5)
62分:オウズハン(14)⇒オルジャイ(11)
70分:セルチュク(8)⇒マリ(19)












・試合レポート:「“ラ・ロハ”、完勝で決勝T進出を決める」

 初戦で相手の守備ブロックに苦しみながらもチェコ代表を1‐0で下していたスペイン代表。その試合で主導権を完全に掌握することに成功していたスタメン11人を再び採用し、決勝トーナメント進出の早期決定を懸けてトルコ代表との第2戦に臨んだ。

 再び序盤から得点が生まれない展開となったが、34分に試合のファーストゴールが誕生。得点を奪ったのはスペインの方だった。左の高い位置でボールを受けたジョルディ・アルバが、後ろにいたノリートにパスを戻すと、セルタ所属FWは右足でクロスを供給。このボールをアルバロ・モラタがヘディングでゴールに流し込み、スコアは1‐0となる。

 ようやく試合を動かしたスペインは、その3分後に追加点を奪取。セスク・ファブレガスがバイタルエリアから浮き球パスを供給すると、このパスはDFに阻まれたものの、パスに反応して裏に走り込んでいたノリートがそのこぼれ球をそのままゴール左に決め、スペインは2点リードで前半を折り返すことに成功する。


【モラタ、この日2点目】

 後半に入っても勢いが衰えない“ラ・ロハ”は、48分に3点目を奪い取る。アンドレス・イニエスタのスルーパスに反応してジョルディ・アルバが相手の最終ライン裏に抜け出すと、バルセロナ所属の左サイドバックは横にいたモラタにパス。イタリアでプレーする“背番号7”は、このボールを難なくゴールに沈めて、スコアを3‐0にしてみせた。

 早い段階で勝利が確定的となったスペインは、前半終了時点で“0本”としていた被枠内シュートの数を最後までキープして、フルタイムに到達。2連勝でグループリーグ突破確定となった。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ