スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】クロアチア代表vsスペイン代表(EURO2016グループリーグ)
EURO2016グループリーグ
(会場 : スタッド・ド・ボルドー[フランス:ボルドー])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
クロアチア代表2 - 1スペイン代表
【GOAL】
0 - 1 (7分)

スペイン代表 : モラタ
1 - 1 (45分)

クロアチア代表 : N・カリニッチ
2 - 1 (87分)

クロアチア代表 : ペリシッチ








・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(クロアチア代表)
GK:スバシッチ(23)
DF:ヴルサリコ(2)、チョルルカ(5)、イェドヴァイ(6)、スルナ(11)
MF:ペリシッチ(4)、ラキティッチ(7)、ログ(15)、バデリ(19)、ピアツァ(20)
FW:N・カリニッチ(16)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(13)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、フアンフラン(16)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、セスク(10)
FW:モラタ(7)、シルバ(21)、ノリート(22)


・両チーム初期フォーメーション

20160622formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(クロアチア代表)
82分:ログ(15)⇒コヴァチッチ(8)
90+2分:ピアツァ(20)⇒チョプ(22)
90+4分:ペリシッチ(4)⇒クラマリッチ(9)

(スペイン代表)
60分:ノリート(22)⇒ブルーノ(19)
67分:モラタ(7)⇒アドゥリス(20)
84分:セスク(10)⇒チアゴ(14)












・試合レポート:「先制も痛恨の逆転負けで2位通過」

 グループリーグ突破を2試合で決めながら、イタリア代表との次のステージでの対戦を避けるために1位通過を果たしたいスペイン代表。スペインサッカーをよく知るイヴァン・ラキティッチを擁するクロアチア代表に対し、メンバーを1人も入れ替えることなく、前の2試合と全く同じスタメンで試合に臨んだ。

 開始直後こそクロアチアの積極性に手を焼く場面も見られたスペインだったが、開始7分に先制に成功。ボールを拾って中央に切り込んだダビド・シルバの右前方のスペースへのスルーパスで、セスク・ファブレガスが飛び出すと、彼のゴール方向へのボールをアルバロ・モラタが詰めて、スコアを0‐1とする。

 その後、15分にはGK不在となったゴールへのラキティッチのループシュートがクロスバーに直撃するシーンが生まれたものの、試合はこう着状態に突入。しかし前半終盤の45分に再び動いた。

 左サイドでボールを持ったイヴァン・ペリシッチが右足でクロスを供給すると、セルヒオ・ラモスのマークを外したニコラ・カリニッチが右足でそのボールを沈め、1‐1。試合はそのまま同点で後半に突入する。


【S・ラモスのPK失敗、再びの終盤の失点】

 後半に入ると試合は再びこう着状態に。スペインは、67分のCKからのS・ラモスのヘディングシュートが僅かに右に外れると、その5分後にはPKのチャンスが巡って来たものの、S・ラモスのキックはGKダニエル・スバシッチに阻まれ、ゴールに近づきながらも勝ち越しならず。試合は1‐1のまま終盤に突入する。

 そして迎えた87分、遂に試合の決勝弾が誕生する。しかし、ゴールを奪ったのはクロアチアの方だった。自陣から速攻をスタートさせると、N・カリニッチのパスをペナルティエリア内左で受けたペリシッチが、勢いそのままに左足でシュート。これがニアを破り、スペイン側のゴールネットを揺らしてみせた。

 クロアチアはアディショナルタイムのピンチもどうにか跳ね除け、スペイン相手の逆転勝利成立と共に、グループ1位通過を達成。一方のスペインは2位通過となり、日本時間の28日にイタリアとの決勝トーナメント一回戦を迎えることが決まっている。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ