FC2ブログ
スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】イタリア代表vsスペイン代表(EURO2016ラウンド16)
EURO2016ラウンド16
(会場 : スタッド・ド・フランス[フランス:サン=ドニ])
【 TEAM1 】【 SCORE 】【 TEAM2 】
イタリア代表2 - 0スペイン代表
【GOAL】
1 - 0 (33分)

イタリア代表 : キエッリーニ
2 - 0 (90+1分)

イタリア代表 : ペッレ






・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(イタリア代表)
GK:ブッフォン(1)
DF:キエッリーニ(3)、バルザーリ(15)、ボヌッチ(19)
MF:デ・シリオ(2)、フロレンツィ(8)、デ・ロッシ(16)、パローロ(18)、ジャッケリーニ(23)
FW:ペッレ(9)、エデル(17)

(スペイン代表)
GK:デ・ヘア(13)
DF:ピケ(3)、S・ラモス(15)、フアンフラン(16)、アルバ(18)
MF:ブスケツ(5)、イニエスタ(6)、セスク(10)
FW:モラタ(7)、シルバ(21)、ノリート(22)


・両チーム初期フォーメーション

20160628formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(イタリア代表)
54分:デ・ロッシ(16)⇒モッタ(10)
82分:エデル(17)⇒インシーニェ(20)
84分:フロレンツィ(8)⇒ダルミアン(4)

(スペイン代表)
46分:ノリート(22)⇒アドゥリス(20)
70分:モラタ(7)⇒L・バスケス(9)
82分:アドゥリス(20)⇒ペドロ(11)












・試合レポート:「サン=ドニで3連覇の夢、終わる」

 前回大会決勝のカードの再現となったサン=ドニでの一戦。大会3連覇を狙うスペイン代表は、イタリア代表相手にグループリーグ3試合と全く同じ11人をピッチに送り込んだ。

 強烈な大雨に見舞われる場面もあった序盤。最初の惜しいシーンを作り出したのはイタリアの方だった。開始8分、ペナルティエリア左手前でのFKから、2トップの一角に入っていたグラツィアーノ・ペッレがヘディングシュートを放つと、これが枠内へ。しかしこれに反応したダビド・デ・ヘアが好セーブを見せ、ゴールは許さない。
 
 最初に決定機を作られたスペインは、積極的なプレーを見せるイタリア相手に大苦戦。支配率でも相手に上回られ、なかなかファーストシュートを打てない展開となる。

 その後20分にようやくファーストシュートを放ち、ボールも保持できるようになってきたスペインだったが、33分に失点を喫してしまう。ペナルティアーク手前でFKを与え、エデルが直接狙った弾道の低いシュートをGKデ・ヘアが弾くと、そのこぼれ球を最終的にジョルジョ・キエッリーニに詰められて、1‐0。終盤の再びのピンチこそデ・ヘアが好セーブで回避したものの、試合は1点差のまま前半を折り返す。


【ブッフォンの壁を破れず、アディショナルタイムに失点】

 後半の反撃が必要なビセンテ・デル・ボスケのチームは、アリツ・アドゥリス、ルーカス・バスケスと攻撃的な選手を投入。カウンターからの2失点目をどうにか防ぎながら、同点弾を目指して行く。

 しかし、GKジャンルイジ・ブッフォンという壁がスペインの前に立ちはだかった。76分のL・バスケスの折り返しからのアンドレス・イニエスタのダイレクトシュートが阻まれると、直後のジェラール・ピケのミドルシュートもセーブ。更に、89分の相手のクリアボールによって抜け出したピケのシュートも再び阻まれ、イタリア1点リードのまま試合は後半アディショナルタイムに突入する。

 そして迎えた90+1分。イタリアがとどめのゴールを奪う。ロレンツォ・インシーニェのサイドチェンジを、マッテオ・ダルミアンが右サイドの高い位置で受けると、そのままペナルティエリア内に侵入してラストパス。DFに当たって軌道が変わったボールをフリーとなっていたペッレが蹴り込み、試合を決めてみせた。

 試合はそのまま2‐0でフルタイム。大会3連覇を目指した“ラ・ロハ”の航海は、たった4試合で終わりを迎えることとなった。











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ