スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

デル・ボスケ「去就については会長と話をするつもりだ」(EURO2016 イタリア戦試合後会見まとめ)


【試合内容について】

「今が良い瞬間でないのは確かだ。我々は試合に敗れ、大会を去ることになったのだからね。ただ胸を張って敗北を受け入れる必要があるんだ」

「前半は臆病な戦いぶりだったが、後半はより勇敢な戦いができていた。しかし、成功を手にすることができなかったんだ」

「相手はフィジカルの強さを生かして危険なシーンを作っていた。我々に疲労があったとは考えていない」

「後半の我々は戦うことができていた。運に恵まれなかったと言えるね」







【イタリアというチームについて】

「彼らは良いプレーを見せているし、効率性も高い。彼ら相手にプレーするのはとても難しいことだと言えるんだ」


【ペドロ・ロドリゲスについて】

「スピードのある彼を起用する可能性は前からあった。最後にその良いチャンスが巡ってきたんだ」


【今後のスペイン代表について】

「一時代は終わりを迎えていないと考えている。この国には良い選手の育成機関があるんだ」

「私の去就については会長と話をするつもりだ。選手には何も言っていない」

「心で決めていても、そうでなくても、最初に話す相手はビジャール会長になる」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ