スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「ブラーボ? 仮定の話についてはコメントしない」(バルセロナvsレアル・ベティス:両監督前日会見まとめ)







ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【ベティスとの試合に向けて】

「相手は選手とプレーアイデアにおける大幅な変化があったチームだ。良いプレシーズンを過ごしていたし、我々を手古摺らせることになるだろう」


【メッシのプレーポジションについて】

「彼は我々のチームにおける最高の選手であり、動きにおける自由を手にしている。彼のポジションはどこにスペースがあるかによって変化するんだ。彼はチームにとって最善なプレーを常に心がけているし、彼がプレーに参加できればできるほど、それは我々にとって良いことなんだ」


【ブラーボについて】

「私が最も評価しているのは、毎回の練習や試合に対する貪欲さだ。それは彼についても他の全ての選手についても言えることだよ」

「ブラーボの退団は不満かって? 仮定の話についてはコメントしない」


【新加入選手について】

「所属するクラブやチームメート、暮らす街が変わるということは難しいことなんだが、そのことが最近の2試合では目立っていないと言えるね。適応の根本にはチームメートのサポートが存在するんだ」


【プリメーラの優勝候補について】

「前回王者ということからそうであると言えるかもしれないが、結局はいつもの面々が優勝候補となるのだろう。全てのチームがゼロからのスタートなのだがね。待つことが必要になるだろう。我々の目標は歴史的にあまり成し得ていない3連覇であり、その目標が我々のモチベーションとなっている」


【チームの進歩について】

「野心の存在によって我々は進歩している。過去は喜びを与えてくれるが、役立つことは何もないんだ。我々は現在、そして直近の未来を生きている。スーペルコパは勝ち取ったが、まだ獲得できていないタイトルたちが目の前にはあるんだ」


【バルサでのプリメーラでの覇権の継続について】

「選手たちの存在と我々のプレー哲学によるものであると言える。人々がバルサのプレーを見るためにテレビをつけたなら、その人は既に何を見ることができるかを分かっているはずだ。ポゼッションと攻撃面のプレーがカギなんだ」


【アルダ・トゥランについて】

「彼は以前と変わらない。チームに入り込めば込むほど、より周囲をコントロールすることが可能になるんだ」


【ポジェ監督について】

「選手としての彼を私は覚えている。何度も対戦したのだからね。監督としての彼は、イングランドで4つのチームを率い、攻撃とプレスにおける魅力的なアイディアを持っていると言える。彼のスタイルはイングランドよりスペインの方がよりフィットするかもしれないね。明日の試合を除いて、今後彼が良い結果を挙げられるよう願っているよ」


【セルジ・ロベルトのセンターバック起用の可能性について】

「その決断を下す状況にならないことを願っている。何故なら、それはウンティティかピケのどちらかに何かが起こったことを意味するのだからね。ただ、起きてしまった場合は彼かラキティッチのコンバートを考えているよ」











グスタボ・ポジェ(レアル・ベティス監督)前日会見まとめ

【バルセロナとの対戦に向けて】

「世界中がバルサにアウェーで勝利するための魔法の公式を求めているし、簡単なことではないことも分かっている。しかし、我々はそれができると確信していて、準備も十分であるし、それを試みて行くんだ」

「プレーにおけるユニークな公式を持つチームは3~4つほどしかいないが、こうしたチームを相手にする場合は、いつもと違うロジックを発見する必要なんだ。彼らよりボールを持つべきだという人もいるかもしれないが、それは達成の望みの薄い困難なチャレンジと言えるよ」

「私はバルサ相手に競ることができると信じている。私は言い訳というものが好きではないし、我々は準備万端なんだ」


【メッシについて】

「彼を止める公式というものは存在しない。1対1の状況が多く発生しないように、しっかり集中とサポートをしていく必要があるね」


【試合でのシステムについて】

「3バックか4バックかって? 君はバルサのために働いているのかい? そのことについて秘密のままにできるのなら、私は秘密のままにしておくつもりだ」


【プリメーラの優勝候補について】

「時々現れるレスターのようなチームが現れないのなら、バルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコのいつもの3チームが優勝候補だと言える。他のチームが優勝争いに入って行くのは難しいことだと私は見ているよ。この3チームは残りのチームより少し上のレベルにいるんだ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ