スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ロペテギ「カシージャスには理由を話し、彼もそれを理解してくれた」(スペイン代表9月シリーズ招集メンバー発表会見まとめ)


【イケル・カシージャスの選外について】

「ご存知のように私は彼と話をした。彼は皆のお手本であり、象徴であるが、今回はデ・ヘアのスタメンで行くつもりなんだ。ただ、イケルの代表への道を閉ざすつもりは全くないし、我々は彼のパフォーマンスに注目し続けている。彼は間違いなく特別な存在であるし、特別な形でケアする必要があったんだ」

「彼は私の考えをわかっているし、私の言ったことが嘘ではないこともわかっている。彼には招集外の理由を話し、彼もそれを理解してくれたんだ」


【ジエゴ・コスタの招集について】

「彼は良いプレシーズンを過ごし、我々を納得させたんだ。これからの2試合に向けてポジティブな存在だと言えるよ」

「彼は、我々が求めているものを完全に融合させることのできる一連の条件を満たしている良いプレーヤーと言える。私は様々なオプションを手元に置いておくことを好んでいるし、スタイルというのはやって来た選手が決めるものなんだ」


【ペドロ・ロドリゲスの選外について】

「彼のEURO中の発言は考慮に入れていない。代表チームにとってベストだと思える選択をしただけなんだ。ただ、我々は代表入りする可能性のある全ての選手の状況に目を向けていることは確かだと言えるよ」


【セスク・ファブレガスの選外について】

「彼が選外となるのはここ11年で初めてだし、彼についての質問が出てくるのも当然だろう。ただ、現在の彼はあまりプレーができていないんだ。もちろん今後も彼の状態には注目しているし、我々にとても近い位置にある選手であると言えるよ」







【イスコ・アラルコンの選外について】

「イスコはリストに名を連ねていたが、足首を故障してしまった。彼は私の好きな選手であるし、ここに来るべき選手だと考えていたんだ」


【マルコ・アセンシオの招集について】

「アセンシオはとても良いプレシーズンを過ごしていた。クオリティのある選手であるし、彼の台頭は興味深い出来事だった。彼はとても成熟した選手であることを示しているし、我々に期待を抱かせてくれる選手なんだ。彼は将来有望な一方で、現在でも十分通用する選手であると言えるよ」


【セルヒオ・リコの選外について】

「彼は我々が注目しているGKの1人だが、今回は他の2人を呼ぶことに決めた。ただ、これは彼が選ばれる可能性がないという意味ではない」


【フアンフラン・トーレスの選外について】

「フアンフランは素晴らしいプロの選手であり、ここでとても良いプレーを見せてくれていた。これからもそれは同じだろう。ただ、セルジ・ロベルトはサイドバックでのプレーに順応できているし、攻撃における選択肢を増やしてくれる選手と言え、それゆえに我々は彼を呼んだんだ」


【デル・ボスケについて】

「彼と私は友人なんだ。数週間前に会い、色々なことを話したよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ