スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ジダン「皆が重要な選手なんだ」(レアル・マドリードvsセルタ:両監督前日会見まとめ)








ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード監督)前日会見まとめ


【セルタとの試合に向けて】

「我々は難しいスタジアムで良好なスタートを切った。今回はホームでの今シーズン初戦となるわけだが、相手はとても良いチームであるし、クオリティの高さも知っている。スタジアムの我々のファンの存在は、試合に向けてとても大きいと言えるよ」

「今の調子を維持して行くべきだと言える。チームは試合を戦うことが好きであるし、プレーアイディアは常に変わらない。我々は今シーズン最初のホームでの試合を戦うのであり、ファンの前で勝ち点3が得られるように試みて行くつもりだ」


【今後の移籍市場動向について】

「いつもの言葉を繰り返すことになるが、31日まであらゆることが起こり得る。しかし、誰も獲得しないなら、誰かが退団することもないだろう。まだ復帰していない選手もいるし、これからのシーズンも難しいものになるはずだから、我々には今の全ての選手が必要となるんだ」

「現在ここには25人の選手がいて、その皆が重要な選手だ。全員がプレーすることになるだろうと、私は監督として考えているよ」


【ハメス・ロドリゲスについて】

「彼は素晴らしい選手であり、契約も残っている。プレー機会が少ないのは事実だが、私は常に選手たちを重要な存在として扱おうとしているし、ハメスも他の選手と同じなんだ」


【アルバロ・モラタについて】

「現在彼が実行に移してくれていることを私は彼に要求している。明日は得点が奪えれば完璧だと言えるね。彼は常に戦い、走っているんだ」


【イケル・カシージャスの代表選外について】

「彼のことを私は良く知っているが、ロペテギの決断に何かを言うつもりはないよ」


【マルセロの代表招集について】

「以前に比べて何かが良くなったというわけではない。彼は唯一無二の選手であり、彼の代表招集を私はとても嬉しく思っているんだ。彼はこのクラブの重要な選手であるし、代表の舞台にいるべき存在なんだ」


【ラファエル・ヴァランについて】

「重要なのは彼が残留を決断したという事実であると言える。ただ、ここには4人の良質なセンターバックが揃っていて、プレーできるのはそのうち2人しかいないんだ」











エドゥアルド・ベリッソ(セルタ監督)前日会見まとめ


【レアル・マドリードとの試合に向けて】

「勝利のチャンスはあると常に考えている。大きな舞台で強力なチームと戦うことは承知しているが、我々の試合のプランはいつも勝利を目的としたものなんだ。我々のサッカーを通して勝利を手にすることができるように試みて行くよ」

「守る時間が長くなれば試合は厳しいものとなる。それゆえに、我々はボールポゼッションに集中し、相手のゴールを視野に入れながら、勇敢さを持って戦う必要があると言えるだろう」


【3月の対戦での大敗について】

「あの試合では65分までは戦ったが、それ以降はガードを下げてしまっていた。こうしたことは明日もこれからも起こり得ることはないだろう」


【クリスティアーノ・ロナウドの欠場について】

「相手は層が厚いチームであり、彼不在の穴を埋められる選手が揃っている」


【マルセロ・ディアスの状態について】

「彼は筋肉系の故障を抱えていて、長期離脱にはならないと思うが、復帰まで1~2週間はかかる。ラドヤも故障を抱えているし、我々は代わりの選手起用について頭を悩ますことになるだろう」

「ウーゴ・マージョは代替候補の1つと言える。彼は良い状態にあるし、プレシーズンではそのポジションへの適応を見せていたんだ」


【イアゴ・アスパスについて】

「彼は腰の打撲を負い、1週間通常の練習ができない状態にあった。明日起用可能かどうかを見極めるつもりだよ」


【第1節のレガネス戦の結果について】

「現在のリーグはチームとチームの差が大幅に縮まっており、あの敗北は“簡単な試合など存在しない”という教訓として受け入れる必要があるだろう。自分たちの試合のリズムを作れない時、結果というものは求めていたものと逆になってしまうんだ」


【ELの抽選結果について】

「我々はハードなグループを形成していると言える。アヤックスやスタンダール、パナシナイコスは欧州コンペティションでの戦いに慣れているチームなんだ。我々は楽しみ、戦い、全ての試合に勝利できるように、準備を整えて試合に臨むつもりだ」

「歴史の視点から見ると、アヤックスとパナシナイコスがグループステージ突破の本命と言えるだろうが、我々は競争力があるチームであるし、我々のプランを変えるつもりはない。相手が強力なチームであるのは確かだが、我々の目標は彼らへの勝利であるし、攻略が簡単なチームになるつもりはないんだ」


【今後の移籍市場動向について】

「間違いなく数日中になんらかのニュースがあるだろう。2選手の獲得の可能性があり、1人はGKとなるかもしれないね。補強が上手く行くことを願っているよ」


【ムニルについて】

「彼はトップ下でもプレーできるかもしれないと言えるが、彼は他のチームの招集メンバー常連の選手であるし、リスペクトを示す必要がある」












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ