スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

プリメーラJornadaレビュー【16‐17第2節】
2016年8月26日(金)


≪Partido‐1≫

会場 : ベニート・ビジャマリン
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レアル・ベティス0 - 0 デポルティーボ

- MEMO -
 “グスタボ・ポジェvsガイスカ・ガリターノ”の第2節最初の新監督対決となったカードは、互いに決め手を欠き、プリメーラ今シーズン初のスコアレスドロー決着。開幕節でバルセロナ相手に大敗を喫していたベティスは、これで2節連続勝利無しとなって16位。一方のデポルは1勝1分けの5位に着けている。


≪Partido‐2≫

会場 : RCDE スタジアム
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
エスパニョール2 - 2マラガ
【GOAL】
1 - 0 (28分)

エスパニョール : G・モレーノ(今季2ゴール目)
2 - 0 (61分)

エスパニョール : G・モレーノ(今季3ゴール目)
2 - 1 (67分)

マラガ : D・ジョレンテ(今季1ゴール目)
2 - 2 (90分)

マラガ : シャルレス(今季1ゴール目)

- MEMO -
 開幕節でもゴールを挙げていたジェラール・モレーノのドブレーテでエスパニョールが2点のリード奪ったものの、67分からのマラガが反撃し、こちらもドロー決着。エスパニョール、マラガ共に2節連続勝利無しとなっている。





2016年8月27日(土)


≪Partido‐3≫

会場 : エル・サダル
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
オサスナ0 - 2レアル・ソシエダ
【GOAL】
0 - 1 (45+2分)

レアル・ソシエダ : フアンミ(今季1ゴール目)
0 - 2 (81分)

レアル・ソシエダ : OG(U・ガルシア

- MEMO -
 レアル・ソシエダが、フアンミ・ヒメネスの移籍後初ゴールと相手のオウンゴールによって、今シーズン初の勝ち点3を奪取。昇格組のオサスナは、勝利がない状態でサンティアゴ・ベルナベウに乗り込むことになっている。


≪Partido‐4≫

会場 : イプルア
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
エイバル1 - 0バレンシア
【GOAL】
1 - 0 (62分)

エイバル : P・レオン(今季1ゴール目)

- MEMO -
 注目補強選手のナニが先発デビューを飾り、決定的なシーンを多く作ったバレンシアだったが、肝心の得点を奪えずにいると、62分にペドロ・レオンにPK失敗のこぼれ球を冷静に沈められて失点。このビハインドを最後まで跳ね返せず、2連敗となった。なお、エイバルの乾貴士はベンチ入りしたものの、出場機会なしとなっている。


≪Partido‐5≫

会場 : サンティアゴ・ベルナベウ
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レアル・マドリード2 - 1セルタ
【GOAL】
1 - 0 (60分)

レアル・マドリード : モラタ(今季1ゴール目)
1 - 1 (67分)

セルタ : オレジャナ(今季1ゴール目)
2 - 1 (81分)

レアル・マドリード : クロース(今季1ゴール目)

- MEMO -
 1点のビハインドからファビアン・オレジャナのゴールで追いつき、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードを苦しめたエドゥアルド・ベリッソのセルタだったが、81分にトニ・クロースの技ありのミドルシュートが決まって撃沈。バレンシア同様に連敗スタートとなっている。







≪Partido‐6≫

会場 : ブタルケ
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
レガネス0 - 0アトレティコ・マドリード

- MEMO -
 アントワーヌ・グリーズマンが復帰し、ケヴィン・ガメイロとのフランス人アタッカーコンビで試合に臨んだアトレティコ・マドリードだったが、この日がプリメーラデビューとなったレガネスの本拠地ブタルケを攻略できず、0‐0でフルタイムに到達。2つの昇格組チーム相手に2連続引き分けという苦しいスタートとなっている。





2016年8月28日(日)


≪Partido‐7≫

会場 : メンディソローサ
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
アラベス0 - 0スポルティング・ヒホン

- MEMO -
 2試合通して枠内シュート3本だったアラベスだが、2試合連続の引き分けで総勝ち点を2に。一方のスポルティング・ヒホンは枠内シュート1本に抑えられ、連勝ならず。


≪Partido‐8≫

会場 : グラン・カナリア
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ラス・パルマス5 - 1グラナダ
【GOAL】
1 - 0 (23分)

ラス・パルマス : エル・ザール(今季1ゴール目)
1 - 1 (45分)

グラナダ : J・ボガ(今季1ゴール目)
2 - 1 (51分)

ラス・パルマス : ボアテング(今季2ゴール目)
3 - 1 (69分)

ラス・パルマス : エル・ザール(今季2ゴール目)
4 - 1 (72分)

ラス・パルマス : モモ(今季1ゴール目)
5 - 1 (85分)

ラス・パルマス : アラウホ(今季1ゴール目)

- MEMO -
 ラス・パルマスが2節連続の大量得点で1978‐79シーズンの第3節以来となる首位浮上。一方のグラナダは、一端は追い付いたが、GKの判断ミスなどで後半から一気に崩れ、今シーズン初黒星となった。


≪Partido‐9≫

会場 : サン・マメス
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
アスレティック・ビルバオ0 - 1バルセロナ
【GOAL】
0 - 1 (21分)

バルセロナ : ラキティッチ(今季1ゴール目)

- MEMO -
 サン・マメスでの一戦はアウェーチームに軍配。ルイス・エンリケのチームは、前半最大のピンチをそのきっかけとなったGKテア・シュテーゲンが自らの顔面セーブで回避すると、21分にアルダ・トゥランの絶妙な左クロスからイヴァン・ラキティッチが頭で決めて先制に成功。この1点で最後まで逃げ切り、ルイス・エンリケはバルサ指揮官としての100勝到達となった。


≪Partido‐10≫

会場 : エル・マドリガル
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
ビジャレアル0 - 0セビージャ

- MEMO -
 もう1つの注目対決は、今節4試合目となるスコアレスドロー決着という結果に。ビジャレアルはこれで公式戦4試合連続勝利無し(2分け2敗)。一方のセビージャは、今シーズン公式戦初のクリーンシート達成となったが、連勝達成とはならなかった。なお清武弘嗣は、2節連続の先発出場となったものの、60分に途中交代となっている。


プリメーラ16‐17第2節全10試合の各フォーメーション図はこちらから












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ