スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

【試合アーカイブ】日本代表vsUAE代表(ロシアW杯最終予選)
ロシアW杯最終予選
(会場 : 埼玉スタジアム2002[日本:埼玉])
【 HOME 】【 SCORE 】【 AWAY 】
日本代表1 - 2UAE代表
【GOAL】
1 - 0 (11分)

日本代表 : 本田圭佑
1 - 1 (20分)

UAE代表 : ハリル
1 - 2 (54分)

UAE代表 : ハリル(PK)






・両チームスタメン(括弧内は背番号)

(日本代表)
GK:西川周作(12)
DF:森重真人(6)、酒井宏樹(19)、酒井高徳(21)、吉田麻也(22)
MF:本田圭佑(4)、大島僚太(7)、香川真司(10)、清武弘嗣(13)、長谷部誠(17)
FW:岡崎慎司(9)

(UAE代表)
GK:エイサ(12)
DF:サレム(6)、サンクール(14)、I・アハメド(19)、ガリブ(23)
MF:A・アブドゥルラフマン(5)、O・アブドゥルラフマン(10)、イスマイール(13)、アル・ハマディ(15)
FW:マブフート(7)、ハリル(11)


・両チーム初期フォーメーション

20160901formation1.png


・両チーム選手交代(括弧内は背番号)

(日本代表)
62分:清武(13)⇒宇佐美(11)
66分:岡崎(9)⇒浅野(18)
75分:大島(7)⇒原口(8)

(UAE代表)
46分:サンクール(14)⇒アッバス(3)
73分:ハリル(11)⇒ファウジ(18)
79分:アル・ハマディ(15)⇒ファルダン(4)











・試合レポート:「日本、ホームで逆転負けスタート」

 2015年のアジア杯で屈した因縁の相手との試合となったロシアW杯最終予選の開幕戦。UAE代表はそのアジア杯の試合で先発した選手を多く再起用して、一方の日本代表は、香川真司や本田圭佑といったいつものメンバーに加えて、リオ五輪代表MFの大島僚太を抜擢した11人で、重要な一戦に臨んだ。

 開始から攻め込みながらもシュートに至る場面がなかった日本だったが、開始11分で先制に成功。清武弘嗣のFKから本田がヘディングで決めて、1‐0とする。

 このまま順調に試合を進めるかに思えた日本だったが、20分に痛恨の失点。吉田麻也が与えたペナルティエリア手前からのFKをハリルに直接決められて、試合は振り出しに戻ってしまう。

 その後もホームチームらしく攻め込むシーンを作った日本だったが、流れを寸断してしまうミスも目立ち、再びゴールネットを揺らせないまま1‐1で前半を折り返すことになる。


【PK献上で追いかける展開に】

 後半序盤の49分に大島のミドルシュートで相手ゴールを脅かした日本。しかし、その5分後にその大島がPKを献上してしまうと、同点弾を記録していたハリルにこのチャンスを冷静に決められて、遂に追いかける展開となる。

 ここから怒涛の攻めを展開した日本だったが、UAEの分厚い守備網も集中力が途切れず。更に、59分の岡崎慎司のヘディングシュートはクロスバー直撃、77分の浅野拓磨のゴールラインを割ったように見えたシュートはノーゴールの判定と、ゴールに大きく迫ったシーンも同点弾には繋がらず、1‐2のスコアのままフルタイムに到達する結果となった。

 まさかのホームでの黒星スタートとなった日本だが、次戦のタイ戦は5日後に開催。しっかり切り替えて、アウェーで確実に勝ち点3を獲得したいところだ。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ