スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「良いスタートを切ることが不可欠だ」(CL第1節火曜開催分:スペイン勢監督の前日会見まとめ)
ルイス・エンリケ(バルセロナ監督):セルティック戦前日会見まとめ



【セルティックとの対戦に向けて】

「プレシーズンマッチでの対戦は役に立つかもしれないが、プレー面での相違点があるのも確かだ。指揮官の考え方が起点となり、彼らはボールを持っていない時の組織的プレーやプレッシングが好きなチームとなっているね」

「短期的なコンペティションであることを考えると、良いスタートを切ることが不可欠だと言える」


【テア・シュテーゲンについて】

「今日の練習を完璧にこなし、決断は明日下すことになる。ただ、完璧に練習をこなしたという事実は良い兆候だ」


【選手との対話について】

「話の内容は60年代や70年代のものと違いはないはずだ」


【アラベス戦敗北の影響について】

「影響がないことを願っているが、この件については、明日の夜11時に君たちに話すことになるだろう。選手との対話を経てどのようなサプライズが起きることになるかは、私にはわからないよ」

「私自身はチームが全くしくじらないことを望んでいるが、まれにそういう事態を目にすることがある。このチームがここ2年でエキサイティングな歴史を築いていることは明らかだが、それは失敗の余地が全くないという意味ではないんだ。我々はそういう事態をどうしたら乗り越えられるかというところに興味を抱いている」


【現在の目標について】

「目標は目の前の試合の勝利だ。グループステージ突破も目標であり、1位通過なら最高だが、現在最も重要なのはこのセルティック戦なんだ。我々はアグレッシブでトランジションも素早く、更に守備面も強いチームとならなければならない」


【C・ロナウドのチャビについての発言について】

「君たちの質問の意図がわからないよ。この質問の周りにある全てのことに、私は興味がないんだ」


【ヤスパー・シレッセンについて】

「彼はとても良い選手であると私は見ているし、それだから彼を獲得したんだ。デビューゲームで2失点を喫してしまったのは、あまり運がなかったと言えるね。彼は良い状態にあるし、落ち着いている。我々が求めているGKの軌道の上に乗っていると言えるよ」


【リオネル・メッシについて】

「私は彼が全ての時間プレーしてほしいと思っているし、彼もそれを望んでいるんだ。彼自身の感覚が状況を左右すると言えるし、プレー時間を決めるのは彼自身になるだろう」


【マスチェラーノのポジションについて】

「彼は1人の指揮官にとって素晴らしい存在だと言える。自身のポジションがピボーテであることを認識しながら、センターバックとしてもプレーできるわけだが、それは彼が高いレベルの選手であるからなんだ」

「ブスケツは休養が少ない選手となっているが、マスチェラーノやセルジ・ロベルト、ラキティッチといった選手は彼の代わりを担い得る選手だと言えるよ」


【新加入選手について】

「全ての選手がクオリティの高い選手だが、最高のプレーを要求される中でのパフォーマンスの評価については、また別の話だ。我々は過度な称賛や批判に陥る可能性もある。評価は半分もしくは1シーズンという単位で行われるべきだろう」


【CL制覇を超える物事について】

「リーガ制覇も悪くない。あのタイトルを獲得することは国の覇権を握ることを意味するんだ。CLの制覇が我々を幸せにするのも確かだがね」


【ラウールのバルサのイベントへの出席に対する批判について】

「私が意見を言う必要はない。我々の世界はこんな感じに回っているんだ」












ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード監督):PSV戦前日会見まとめ



【PSVとの対戦に向けて】

「明日の試合は難しいものになるだろう。ピッチは素晴らしくて理想的だと言えるよ。ここでCLの歩みを再びスタートさせることができることは本当に良いことだね」

「昨シーズンの対戦はラウンド16でのものであり、あの時はゴールが重要であったが、今回重要なのは勝ち点だけだ。もちろんゴールは大事だが、その重要度は昨シーズンの戦いの方が大きかったと言える」

「PSVは難しい相手だ。厳しいカウンターを持っているし、攻守の切り替えもかなり素早い。更に強固な守備もある。我々は試合の流れを見極め、最善の方法というもの見つけていく必要があるだろう」


【CL優勝の可能性について】

「現在の我々にはあるのは、この初戦に向けた競争力だ。今『我々はCLを優勝する準備ができている』と口に出すのは、謙虚な行動だとは言えないだろう」


【ローテーションの採用について】

「全ての監督たちはそれぞれ違うものだ。我々は試合を解決してくれる選手を起用しようとしているわけで、プレーしていない選手をただ起用しているわけではない。ローテーションは勝利のためにするべきで、誰かを喜ばせるためにやるべきではないと考えているんだ」

「チームの層が厚ければ厚いほど、監督の選手の選択は難しくなるものだ。トーマス・パーテイやシメ・ヴルサリコは試合に出ていないが、彼らはその状況に相応しいわけではない。彼らは練習をよくこなしているが、我々が試合で必要としたのが別のタイプの選手だった」


【ケヴィン・ガメイロについて】

「重要なのは状況を把握し、それに応じたリアクションを見せることだ。我々は彼が我々の求めていたものを見せてくれると確信しているよ。スピード、爆発力、1vs1の強さ、ゴールといったものをね。ただ、明日のスタメンに名を連ねるかどうかは明言できないよ」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ