スペインサッカーに魅せられた男のブログ
スペインサッカー(稀に日本代表)のデータや試合などのメモ的ブログ
最新記事

ブログランキング参加中
(クリック宜しくです!)


カウンター

プロフィール

小田  紘也

Author:小田 紘也
(おだ ひろや)
1989年鹿児島生まれ横浜育ちのライター兼スペイン語翻訳家。

2012年にはマドリードに留学し、スペイン代表のEURO優勝などを現地で経験。

<専門分野>
スペインサッカー全般、戦術分析、データ分析

<実績>
『月刊footballista(ソル・メディア)』、『サッカーキング・フリー(フロムワン)』など

コンタクト

スペイン語文章翻訳やコラム執筆の依頼、ブログへの感想などは下部のメールフォーム、もしくは
oda.hiroya.0423@gmail.com
の方にお願いします!






主要カテゴリ

2015‐16シーズン

2014‐15シーズン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク集

ルイス・エンリケ「良いバージョンの我々でなければ、勝利することはできないだろう」(レガネスvsバルセロナ:両監督前日会見まとめ)







アシエル・ガリターノ(レガネス監督)前日会見まとめ


【バルセロナとの試合に向けて】

「素晴らしい選手たちと共に、何年も前からそのプレースタイルで感銘を与えているチームが、バルセロナなんだ。このことは我々皆が知っている。この試合に向けて最も重要なことは、相手チームやその選手のことをあまり意識しないようにすることだ。彼らが最高の選手たちであることはわかっているし、我々はチームが自分自身の力を発揮できるように試みなければならない」

「相手のことを意識するということは、すればするほどチームが悪くなっていくものだ。そして、その時点から負けは始まるんだ。我々は自分たちのハードワークがチームの勝利を近づけることになることを意識する必要がある。毎プレー毎プレーに100%の力を注がなければならないね」

「また、我々はホームで戦うことができる。観客のサポートがあるはずだし、難しい局面では我々にエネルギーを与えてくれるだろう」

「まずは信じることが大事だ。そして、それから相手が我々にプレーをさせてくれるのかどうかを見てみよう。アトレティコ・マドリードとの対戦では、我々は1つのアイディアを持って試合に臨んだが、1本も枠内シュートを打たせてくれなかったんだ」


【ファンに対して】

「チームと共に戦い、この瞬間を楽しんでほしい。これは歴史的な機会なんだ。いつものように模範的な振る舞いをしながら、試合の始まりから終わりまで我々と共にいて欲しいと思っているんだ」












ルイス・エンリケ(バルセロナ監督)前日会見まとめ


【レガネスとの対戦に向けて】

「5バックを採用してくる可能性もあるが、私は勇敢なチームとして向かってくることを望んでいるよ。彼らは昇格組だからといって恐れは抱いていないし、後方に閉じ籠ることはしない。ラインを上げることや、プレスを仕掛けることを好むチームであるし、間違いなく我々を苦しめることになるはずだ。良いバージョンの我々でなければ、勝利することはできないだろう」

「レガネスはあのキャンペーンによって有名となっているが、それはサッカーにとって良いことだ。もしこの試合が彼らの言う"トラップの試合で"あるなら、我々にとってはかなり難しい試合となるだろうね。彼らは短い期間で2度の昇格を果たしてきたチームであるし、我々を脅かす戦いを見せるはずだ。彼らには手強い攻撃の選手が揃っているが、我々は自分たちの目的をしっかり認識する必要があると言える」


【アンドレス・イニエスタについて】

「勝っている時も負けている時も彼の悪い態度を目にしたことはない。この先新たなイニエスタが出てくるのは難しいだろうね。彼は向上を続けているし、我々は継続的に彼に出場機会を与えて行くつもりだ」


【アレイシュ・ビダルについて】

「私はチーム全員のパフォーマンスに満足している」


【過密日程について】

「我々はこれから1週間で行われる3つのリーガの試合だけに目を向けているわけではない。状況に適応し、有効な結果を引き出すために、選手たちの状態に気を配りながらカレンダーに目を向けているんだ」

「65試合のカレンダーなら、どんな選手も全てでプレーするというのは不可能なことだ。これは間違いないことだよ」


【過去とのチームの比較について】

「バルサは変わらない。いつでも勝利のために青とえんじのユニフォームを着た11人の男たちがピッチに立っている」


【現地時間午後1時というキックオフ時間について】

「状況はいつもと違うが、我々は適応しなければならない。戦う2つのチームにとって条件は同じなんだ」


【ピッチのサイズについて】

「いつも通りのバルサが見られるだろうが、影響もあるかもしれない。ただ、我々が望んでいることは相手を上回ることであり、そうした事柄のチームへの影響がとても小さくなることを願っている」


【レアル・マドリードとの差について】

「まだ直接対決も行っていないし、あらゆる可能性が目の前にはある」











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ